検索

3.10.6. ローカルストレージ Operator Pod での容認の使用

download PDF

テイントはノードに適用し、それらが一般的なワークロードを実行しないようにすることができます。ローカルストレージ Operator がテイントのマークが付けられたノードを使用できるようにするには、容認を Pod または DaemonSet 定義に追加する必要があります。これにより、作成されたリソースをこれらのテイントのマークが付けられたノードで実行できるようになります。

容認を LocalVolume リソースでローカルストレージ Operator Pod に適用し、テイントをノード仕様でノードに適用します。ノードのテイントはノードに対し、テイントを容認しないすべての Pod を拒否するよう指示します。他の Pod にはない特定のテイントを使用することで、ローカルストレージ Operator Pod がそのノードでも実行されるようにできます。

重要

テイントおよび容認は、key、value、および effect で設定されています。引数として、これは key=value:effect として表現されます。演算子により、これらの 3 つのパラメーターのいずれかを空のままにすることができます。

前提条件

  • ローカルストレージ Operator がインストールされていること。
  • ローカルディスクがテイントを持つ OpenShift Container Platform ノードに割り当てられている。
  • テイントのマークが付けられたノードがローカルストレージのプロビジョニングを行うことが想定されます。

手順

テイントのマークが付けられたノードでスケジュールするようにローカルボリュームを設定するには、以下を実行します。

  1. 以下の例に示されるように、Pod を定義する YAML ファイルを変更し、LocalVolume 仕様を追加します。

      apiVersion: "local.storage.openshift.io/v1"
      kind: "LocalVolume"
      metadata:
        name: "local-disks"
        namespace: "local-storage"
      spec:
        tolerations:
          - key: localstorage 1
            operator: Equal 2
            value: "localstorage" 3
        storageClassDevices:
            - storageClassName: "localblock-sc"
              volumeMode: Block 4
              devicePaths: 5
                - /dev/xvdg
    1
    ノードに追加したキーを指定します。
    2
    Equal Operator を指定して、key/value パラメーターが一致するようにします。Operator が Exists の場合、システムはキーが存在することを確認し、値を無視します。Operator が Equal の場合、キーと値が一致する必要があります。
    3
    テイントのマークが付けられたノードの値 local を指定します。
    4
    ボリュームモード (Filesystem または Block) で、ローカルボリュームのタイプを定義します。
    5
    選択するローカルストレージデバイスの一覧を含むパスです。

定義された容認は結果として作成されるデーモンセットに渡されます。これにより、diskmaker およびプロビジョナー Pod を指定されたテイントが含まれるノード用に作成できます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.