検索

3.6.4. FlexVolume ドライバーを使用したストレージの使用

download PDF

OpenShift Container Platform の各 PersistentVolume オブジェクトは、ストレージバックエンドの 1 つのストレージアセット (ボリュームなど) を表します。

手順

  • インストールされているストレージを参照するには、PersistentVolume オブジェクトを使用します。

FlexVolume ドライバーを使用した永続ボリュームのオブジェクト定義例

apiVersion: v1
kind: PersistentVolume
metadata:
  name: pv0001 1
spec:
  capacity:
    storage: 1Gi 2
  accessModes:
    - ReadWriteOnce
  flexVolume:
    driver: openshift.com/foo 3
    fsType: "ext4" 4
    secretRef: foo-secret 5
    readOnly: true 6
    options: 7
      fooServer: 192.168.0.1:1234
      fooVolumeName: bar

1
ボリュームの名前。これは永続ボリューム要求 (PVC) を使用するか、または Pod からボリュームを識別するために使用されます。この名前は、バックエンドストレージのボリューム名とは異なるものにすることができます。
2
このボリュームに割り当てられるストレージの量。
3
ドライバーの名前。このフィールドは必須です。
4
ボリュームに存在するオプションのファイルシステム。このフィールドはオプションです。
5
シークレットへの参照。このシークレットのキーと値は、起動時に FlexVolume ドライバーに渡されます。このフィールドはオプションです。
6
読み取り専用のフラグ。このフィールドはオプションです。
7
FlexVolume ドライバーの追加オプション。options フィールドでユーザーが指定するフラグに加え、以下のフラグも実行可能ファイルに渡されます。
"fsType":"<FS type>",
"readwrite":"<rw>",
"secret/key1":"<secret1>"
...
"secret/keyN":"<secretN>"
注記

シークレットは、呼び出しのマウント/マウント解除を目的とする場合にのみ渡されます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.