検索

4.2.2. Pod 仕様への CSI インライン一時ボリュームの埋め込み

download PDF

CSI インラインの一時ボリュームを OpenShift Container Platform の Pod 仕様に埋め込むことができます。ランタイム時に、ネストされたインラインボリュームは、関連付けられた Pod の一時的なライフサイクルに従うため、CSI ドライバーは Pod の作成および破棄時にボリューム操作のすべてのフェーズをすべて処理できます。

手順

  1. Pod オブジェクト定義を作成し、これをファイルに保存します。
  2. CSI インラインの一時ボリュームをファイルに埋め込みます。

    my-csi-app.yaml

    kind: Pod
    apiVersion: v1
    metadata:
      name: my-csi-app
    spec:
      containers:
        - name: my-frontend
          image: busybox
          volumeMounts:
          - mountPath: "/data"
            name: my-csi-inline-vol
          command: [ "sleep", "1000000" ]
      volumes: 1
        - name: my-csi-inline-vol
          csi:
            driver: inline.storage.kubernetes.io
            volumeAttributes:
              foo: bar

    1
    Pod で使用されるボリュームの名前。
  3. 直前のステップで保存したオブジェクト定義ファイルを作成します。

    $ oc create -f my-csi-app.yaml
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.