検索

3.11. NFS を使用した永続ストレージ

download PDF

OpenShift Container Platform クラスターは、NFS を使用する永続ストレージでプロビジョニングすることが可能です。永続ボリューム (PV) および永続ボリューム要求 (PVC) は、プロジェクト全体でボリュームを共有するための便利な方法を提供します。PV 定義に含まれる NFS に固有の情報は、Pod 定義で直接定義することも可能ですが、この方法の場合にはボリュームが一意のクラスターリソースとして作成されされないため、ボリュームが競合の影響を受けやすくなります。

3.11.1. プロビジョニング

ストレージは、ボリュームとして OpenShift Container Platform にマウントされる前に基礎となるインフラストラクチャーになければなりません。NFS ボリュームをプロビジョニングするには、NFS サーバーの一覧とエクスポートパスのみが必要です。

手順

  1. PV のオブジェクト定義を作成します。

    apiVersion: v1
    kind: PersistentVolume
    metadata:
      name: pv0001 1
    spec:
      capacity:
        storage: 5Gi 2
      accessModes:
      - ReadWriteOnce 3
      nfs: 4
        path: /tmp 5
        server: 172.17.0.2 6
      persistentVolumeReclaimPolicy: Retain 7
    1
    ボリュームの名前。これは、各種の oc <command> pod コマンドの PV アイデンティティーです。
    2
    このボリュームに割り当てられるストレージの量。
    3
    これはボリュームへのアクセスの制御に関連するように見えますが、実際はラベルの場合と同様に、PVC を PV に一致させるために使用されます。現時点では、accessModes に基づくアクセスルールは適用されていません。
    4
    使用されているボリュームタイプ。 この場合は nfs プラグインです。
    5
    NFS サーバーがエクスポートしているパス。
    6
    NFS サーバーのホスト名または IP アドレス
    7
    PV の回収ポリシー。これはボリュームのリリース時に生じることを定義します。
    注記

    各 NFS ボリュームは、クラスター内のスケジュール可能なすべてのノードによってマウント可能でなければなりません。

  2. PV が作成されたことを確認します。

    $ oc get pv

    出力例

    NAME     LABELS    CAPACITY     ACCESSMODES   STATUS      CLAIM  REASON    AGE
    pv0001   <none>    5Gi          RWO           Available                    31s

  3. 新規 PV にバインドされる永続ボリューム要求 (PVC) を作成します。

    apiVersion: v1
    kind: PersistentVolumeClaim
    metadata:
      name: nfs-claim1
    spec:
      accessModes:
        - ReadWriteOnce 1
      resources:
        requests:
          storage: 5Gi 2
    1
    PV について前述されているように、accessModes はセキュリティーを実施するのではなく、PV を PVC と一致させるラベルとして機能します。
    2
    この要求は 5Gi 以上の容量を提供する PV を検索します。
  4. 永続ボリューム要求 (PVC) が作成されたことを確認します。

    $ oc get pvc
    NAME         STATUS   VOLUME   CAPACITY   ACCESS MODES   STORAGECLASS   AGE
    nfs-claim1   Bound    pv0001   5Gi        RWO            gp2            2m
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.