検索

5.4. ファイルシステムを使用した永続ボリューム要求 (PVC) の拡張

download PDF

ファイルシステムのサイズ変更を必要とするボリュームタイプ (GCE PD、EBS、および Cinder など) に基づいて PVC を拡張するには 2 つの手順からなるプロセスが必要です。このプロセスでは、クラウドプロバイダーでボリュームオブジェクトを拡張してから実際のノードでファイルシステムを拡張します。

ノードでのファイルシステムの拡張は、新規 Pod がボリュームと共に起動する場合にのみ実行されます。

前提条件

  • 制御する側の StorageClass オブジェクトでは、allowVolumeExpansiontrue に設定されている必要があります。

手順

  1. spec.resources.requests を編集して PVC を編集し、新規サイズを要求します。たとえば、以下では ebs PVC を 8 Gi に拡張します。

    kind: PersistentVolumeClaim
    apiVersion: v1
    metadata:
      name: ebs
    spec:
      storageClass: "storageClassWithFlagSet"
      accessModes:
        - ReadWriteOnce
      resources:
        requests:
          storage: 8Gi 1
    1
    spec.resources.requests をさらに大きな量を表す値に更新すると、PVC が拡張されます。
  2. クラウドプロバイダーオブジェクトのサイズ変更が終了すると、PVC は FileSystemResizePending に設定されます。以下のコマンドを入力して状態を確認します。

    $ oc describe pvc <pvc_name>
  3. クラウドプロバイダーオブジェクトのサイズ変更が終了すると、PersistentVolume オブジェクトは PersistentVolume.Spec.Capacity に新規に要求されたサイズを反映します。この時点で、PVC から新規 Pod を作成または再作成してファイルシステムのサイズ変更を終了することができます。Pod が実行されている場合、新たに要求されたサイズが利用可能になり、FileSystemResizePending 状態が PVC から削除されます。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.