検索

9.2. PTP ネットワークデバイスの自動検出

download PDF

PTP Operator は NodePtpDevice.ptp.openshift.io カスタムリソース定義 (CRD) を OpenShift Container Platform に追加します。PTP Operator はクラスターで、各ノードの PTP 対応ネットワークデバイスを検索します。Operator は、互換性のある PTP デバイスを提供する各ノードの NodePtpDevice カスタムリソース (CR) オブジェクトを作成し、更新します。

1 つの CR がノードごとに作成され、ノードと同じ名前を共有します。.status.devices 一覧は、ノード上の PTP デバイスについての情報を提供します。

以下は、PTP Operator によって作成される NodePtpDevice CR の例です。

apiVersion: ptp.openshift.io/v1
kind: NodePtpDevice
metadata:
  creationTimestamp: "2019-11-15T08:57:11Z"
  generation: 1
  name: dev-worker-0 1
  namespace: openshift-ptp 2
  resourceVersion: "487462"
  selfLink: /apis/ptp.openshift.io/v1/namespaces/openshift-ptp/nodeptpdevices/dev-worker-0
  uid: 08d133f7-aae2-403f-84ad-1fe624e5ab3f
spec: {}
status:
  devices: 3
  - name: eno1
  - name: eno2
  - name: ens787f0
  - name: ens787f1
  - name: ens801f0
  - name: ens801f1
  - name: ens802f0
  - name: ens802f1
  - name: ens803
1
name パラメーターの値はノードの名前と同じです。
2
CR は PTP Operator によって openshift-ptp namespace に作成されます。
3
devices コレクションには、ノード上の Operator によって検出されるすべての PTP 対応デバイスの一覧が含まれます。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.