検索

3.2.2. スケジューラーポリシーファイルの作成

download PDF

デフォルトのスケジューリング動作を変更するには、必要な述語および優先順位を使用して JSON ファイルを作成します。次に、JSON ファイルから設定マップを生成し、設定マップを使用するように cluster スケジューラーオブジェクトを指定します。

手順

スケジューラーポリシーを設定するには、以下を実行します。

  1. 必要な述語と優先順位を使って policy.cfg という名前の JSON ファイルを作成します。

    スケジューラー JSON ファイルのサンプル

    {
    "kind" : "Policy",
    "apiVersion" : "v1",
    "predicates" : [ 1
            {"name" : "MaxGCEPDVolumeCount"},
            {"name" : "GeneralPredicates"},
            {"name" : "MaxAzureDiskVolumeCount"},
            {"name" : "MaxCSIVolumeCountPred"},
            {"name" : "CheckVolumeBinding"},
            {"name" : "MaxEBSVolumeCount"},
            {"name" : "MatchInterPodAffinity"},
            {"name" : "CheckNodeUnschedulable"},
            {"name" : "NoDiskConflict"},
            {"name" : "NoVolumeZoneConflict"},
            {"name" : "PodToleratesNodeTaints"}
            ],
    "priorities" : [ 2
            {"name" : "LeastRequestedPriority", "weight" : 1},
            {"name" : "BalancedResourceAllocation", "weight" : 1},
            {"name" : "ServiceSpreadingPriority", "weight" : 1},
            {"name" : "NodePreferAvoidPodsPriority", "weight" : 1},
            {"name" : "NodeAffinityPriority", "weight" : 1},
            {"name" : "TaintTolerationPriority", "weight" : 1},
            {"name" : "ImageLocalityPriority", "weight" : 1},
            {"name" : "SelectorSpreadPriority", "weight" : 1},
            {"name" : "InterPodAffinityPriority", "weight" : 1},
            {"name" : "EqualPriority", "weight" : 1}
            ]
    }

    1
    必要に応じて述語を追加します。
    2
    必要に応じて優先順位を追加します。
  2. スケジューラー JSON ファイルに基づいて設定マップを作成します。

    $ oc create configmap -n openshift-config --from-file=policy.cfg <configmap-name> 1
    1
    設定マップの名前を入力します。

    以下に例を示します。

    $ oc create configmap -n openshift-config --from-file=policy.cfg scheduler-policy

    出力例

    configmap/scheduler-policy created

  3. スケジューラー Operator カスタムリソースを編集して設定マップを追加します。

    $ oc patch Scheduler cluster --type='merge' -p '{"spec":{"policy":{"name":"<configmap-name>"}}}' --type=merge 1
    1
    設定マップの名前を指定します。

    以下に例を示します。

    $ oc patch Scheduler cluster --type='merge' -p '{"spec":{"policy":{"name":"scheduler-policy"}}}' --type=merge

    Scheduler 設定リソースに変更を加えた後に、openshift-kube-apiserver Pod の再デプロイを待機します。これには数分の時間がかかる場合があります。Pod が再デプロイされるまで、新規スケジューラーは有効になりません。

  4. openshift-kube-scheduler namespace のスケジューラー Pod のログを表示して、スケジューラーポリシーが設定されていることを確認します。以下のコマンドは、スケジューラーによって登録される述語と優先順位をチェックします。

    $ oc logs <scheduler-pod> | grep predicates

    以下に例を示します。

    $ oc logs openshift-kube-scheduler-ip-10-0-141-29.ec2.internal | grep predicates

    出力例

    Creating scheduler with fit predicates 'map[MaxGCEPDVolumeCount:{} MaxAzureDiskVolumeCount:{} CheckNodeUnschedulable:{} NoDiskConflict:{} NoVolumeZoneConflict:{} GeneralPredicates:{} MaxCSIVolumeCountPred:{} CheckVolumeBinding:{} MaxEBSVolumeCount:{} MatchInterPodAffinity:{} PodToleratesNodeTaints:{}]' and priority functions 'map[InterPodAffinityPriority:{} LeastRequestedPriority:{} ServiceSpreadingPriority:{} ImageLocalityPriority:{} SelectorSpreadPriority:{} EqualPriority:{} BalancedResourceAllocation:{} NodePreferAvoidPodsPriority:{} NodeAffinityPriority:{} TaintTolerationPriority:{}]'

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.