検索

2.6.5. シークレットのトラブルシューティング

download PDF

サービス証明書の生成は以下を出して失敗します (サービスの service.beta.openshift.io/serving-cert-generation-error アノテーションには以下が含まれます)。

secret/ssl-key references serviceUID 62ad25ca-d703-11e6-9d6f-0e9c0057b608, which does not match 77b6dd80-d716-11e6-9d6f-0e9c0057b60

証明書を生成したサービスがすでに存在しないか、またはサービスに異なる serviceUID があります。古いシークレットを削除し、サービスのアノテーション (service.beta.openshift.io/serving-cert-generation-errorservice.beta.openshift.io/serving-cert-generation-error-num) をクリアして証明書の再生成を強制的に実行する必要があります。

  1. シークレットを削除します。

    $ oc delete secret <secret_name>
  2. アノテーションをクリアします。

    $ oc annotate service <service_name> service.beta.openshift.io/serving-cert-generation-error-
    $ oc annotate service <service_name> service.beta.openshift.io/serving-cert-generation-error-num-
注記

アノテーションを削除するコマンドでは、削除するアノテーション名の後に - を付けます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.