検索

6.8.10. X-Forwarded ヘッダーの使用

download PDF

Forwarded および X-Forwarded-For を含む HTTP ヘッダーの処理方法についてのポリシーを指定するように HAProxy Ingress コントローラーを設定します。Ingress Operator は HTTPHeaders フィールドを使用して、Ingress コントローラーの ROUTER_SET_FORWARDED_HEADERS 環境変数を設定します。

手順

  1. Ingress コントローラー用に HTTPHeaders フィールドを設定します。

    1. 以下のコマンドを使用して IngressController リソースを編集します。

      $ oc edit IngressController
    2. spec の下で、HTTPHeaders ポリシーフィールドを AppendReplaceIfNone、または Never に設定します。

      apiVersion: operator.openshift.io/v1
      kind: IngressController
      metadata:
        name: default
        namespace: openshift-ingress-operator
      spec:
        httpHeaders:
          forwardedHeaderPolicy: Append
使用例

クラスター管理者として、以下を実行できます

  • Ingress コントローラーに転送する前に、X-Forwarded-For ヘッダーを各リクエストに挿入する外部プロキシーを設定します。

    ヘッダーを変更せずに渡すように Ingress コントローラーを設定するには、never ポリシーを指定します。これにより、Ingress コントローラーはヘッダーを設定しなくなり、アプリケーションは外部プロキシーが提供するヘッダーのみを受信します。

  • 外部プロキシーが外部クラスター要求を設定する X-Forwarded-For ヘッダーを変更せずに渡すように Ingress コントローラーを設定します。

    外部プロキシーを通過しない内部クラスター要求に X-Forwarded-For ヘッダーを設定するように Ingress コントローラーを設定するには、if-none ポリシーを指定します。外部プロキシー経由で HTTP 要求にヘッダーがすでに設定されている場合、Ingress コントローラーはこれを保持します。要求がプロキシーを通過していないためにヘッダーがない場合、Ingress コントローラーはヘッダーを追加します。

アプリケーション開発者として、以下を実行できます

  • X-Forwarded-For ヘッダーを挿入するアプリケーション固有の外部プロキシーを設定します。

    他の Route のポリシーに影響を与えずに、アプリケーションの Route 用にヘッダーを変更せずに渡すように Ingress コントローラーを設定するには、アプリケーションの Route に アノテーション haproxy.router.openshift.io/set-forwarded-headers: if-none または haproxy.router.openshift.io/set-forwarded-headers: never を追加します。

    注記

    Ingress コントローラーのグローバルに設定された値とは別に、haproxy.router.openshift.io/set-forwarded-headers アノテーションをルートごとに設定できます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.