検索

3.10.7. 追加の Descheduler の設定

download PDF

実行頻度など、Descheduler を追加で設定できます。

前提条件

  • クラスター管理者の権限。

手順

  1. KubeDescheduler オブジェクトを編集します。

    $ oc edit kubedeschedulers.operator.openshift.io cluster -n openshift-kube-descheduler-operator
  2. 必要に応じて追加の設定を行います。

    apiVersion: operator.openshift.io/v1beta1
    kind: KubeDescheduler
    metadata:
      name: cluster
      namespace: openshift-kube-descheduler-operator
    spec:
      deschedulingIntervalSeconds: 3600 1
      flags:
      - --dry-run 2
      image: quay.io/openshift/origin-descheduler:4.6 3
    ...
    1
    Descheduler の実行間隔を秒単位で設定します。このフィールドの値 0 は Descheduler を一度実行し、終了します。
    2
    Descheduler Pod に追加する 1 つ以上のフラグを設定します。このフラグは、バイナリーに渡すことのできる形式である必要があります。
    3
    デプロイする Descheduler コンテナーイメージを設定します。
  3. 変更を適用するためにファイルを保存します。
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.