検索

4.8. トラブルシューティングおよびデバッグ操作

download PDF

4.8.1. debug

コマンドシェルを起動して、実行中のアプリケーションをデバッグします。

$ oc debug -h

イメージおよび設定の問題をデバッグする際、実行中の Pod 設定の正確なコピーを取得し、shell でトラブルシュートを実行することができます。障害が発生している Pod は起動できず、rsh または exec にアクセスできない可能性があるため、debug コマンドを実行して、対象の設定の正確なコピーを作成します。

デフォルトモードでは、参照される Pod、レプリケーションコントローラー、またはデプロイメント設定の最初のコンテナー内でシェルを起動します。起動される Pod はソース Pod のコピーになりますが、ラベルは取られ、コマンドは /bin/sh に変更され、readiness および liveness チェックは無効にされます。コマンドのみを実行する必要がある場合には、-- と実行する 1 つのコマンドを追加します。コマンドを渡しても、デフォルトで TTY が作成されたり、STDIN が送信されたりすることはありません。コンテナーまたは Pod を一般的な方法で変更する際に使用できる他のサポートされているフラグを使用することもできます。

コンテナーを実行する際の一般的な問題として、セキュリティーポリシーによってクラスター上で root ユーザーとしての実行が禁止されることがあります。このコマンドは、(--as-user を使用して) root ユーザー以外で Pod の実行をテストするか、または (--as-root を使用して) root ユーザーとして root 以外の Pod を実行するために使用できます。

デバッグ Pod はリモートコマンドの完了時またはシェルが中断する際に削除されます。

4.8.1.1. 使用方法

$ oc debug RESOURCE/NAME [ENV1=VAL1 ...] [-c CONTAINER] [options] [-- COMMAND]

4.8.1.2. 例

現在実行中のデプロイメントをデバッグするには、以下を実行します。

$ oc debug dc/test

非 root ユーザーとしてデプロイメントの実行をテストするには、以下を実行します。

$ oc debug dc/test --as-user=1000000

second コンテナーで env コマンドを実行し、特定の失敗したコンテナーをデバッグするには、以下を実行します。

$ oc debug dc/test -c second -- /bin/env

デバッグするために作成される Pod を表示するには、以下を実行します。

$ oc debug dc/test -o yaml
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.