検索

4.18. 証明書の有効性の設定

download PDF

デフォルトで、etcd、マスター、kubelet の管理に使用される証明書は 2 から 5 年で有効期限切れになります。自動生成されるレジストリー、CA、ノードおよびマスター証明書の有効性 (有効期限が切れるまでの日数) は、以下の変数 (デフォルト値が表示されています) を使用してインストール時に設定できます。

[OSEv3:vars]

openshift_hosted_registry_cert_expire_days=730
openshift_ca_cert_expire_days=1825
openshift_master_cert_expire_days=730
etcd_ca_default_days=1825

これらの値は、 Ansible のインストール後での 証明書の再デプロイ 時にも使用されます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.