検索

3.10. Persistent Volume Claim (永続ボリューム要求、PVC) の復元

download PDF

このトピックでは、データを復元するための 2 つの方法について説明します。最初の方法ではファイルを削除してから、ファイルを予想される場所に戻します。2 つ目の例では、PVC を移行する方法を示します。この移行は、ストレージを移動する必要がある場合や、バックアップストレージがなくなるなどの障害発生時の状況で実行されます。

データをアプリケーションに復元する手順について、特定のアプリケーションについての復元手順を確認してください。

3.10.1. ファイルの既存 PVC への復元

手順
  1. ファイルを削除します。

    $ oc rsh demo-2-fxx6d
    sh-4.2$ ls */opt/app-root/src/uploaded/*
    lost+found  ocp_sop.txt
    sh-4.2$ *rm -rf /opt/app-root/src/uploaded/ocp_sop.txt*
    sh-4.2$ *ls /opt/app-root/src/uploaded/*
    lost+found
  2. PVC にあったファイルの rsync バックアップが含まれるサーバーのファイルを置き換えます。

    $ oc rsync uploaded demo-2-fxx6d:/opt/app-root/src/
  3. oc rsh を使用してファイルが Pod に戻されていることを確認し、Pod に接続してディレクトリーのコンテンツを表示します。

    $ oc rsh demo-2-fxx6d
    sh-4.2$ *ls /opt/app-root/src/uploaded/*
    lost+found  ocp_sop.txt
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.