検索

4.3. etcd のスケーリング

download PDF

etcd クラスターは、リソースを etcd ホストに追加して垂直的に拡張することも、etcd ホストを追加して水平的に拡張することもできます。

注記

etcd が使用する投票システムのために、クラスターには常に奇数のメンバーが含まれている必要があります。

奇数の etcd ホストを含むクラスターの場合、フォールトトレランスに対応できます。奇数の etcd ホストがあることで、クォーラム (定足数) に必要な数が変わることはありませんが、障害発生時の耐性が高まります。たとえば、クラスターが 3 メンバーで設定される場合、クォーラム (定足数) は 2 で、1 メンバーが障害耐性用になります。これにより、クラスターはメンバーの 2 つが正常である限り、機能し続けます。

3 つの etcd ホストで設定される実稼働クラスターの使用が推奨されます。

新規ホストには、新規の Red Hat Enterprise Linux version 7 専用ホストが必要です。etcd ストレージは最大のパフォーマンスを達成できるように SSD ディスクおよび /var/lib/etcd でマウントされる専用ディスクに置かれる必要があります。

前提条件

  1. 新規 etcd ホストを追加する前に、etcd 設定およびデータのバックアップ を行ってデータの損失を防ぎます。
  2. 新規ホストが正常でないクラスターに追加されないように、現在の etcd クラスターステータスを確認します。以下のコマンドを実行します。

    # ETCDCTL_API=3 etcdctl --cert="/etc/etcd/peer.crt" \
              --key=/etc/etcd/peer.key \
              --cacert="/etc/etcd/ca.crt" \
              --endpoints="https://*master-0.example.com*:2379,\
                https://*master-1.example.com*:2379,\
                https://*master-2.example.com*:2379"
                endpoint health
    https://master-0.example.com:2379 is healthy: successfully committed proposal: took = 5.011358ms
    https://master-1.example.com:2379 is healthy: successfully committed proposal: took = 1.305173ms
    https://master-2.example.com:2379 is healthy: successfully committed proposal: took = 1.388772ms
  3. scaleup Playbook を実行する前に、新規ホストが適切な Red Hat ソフトウェアチャンネルに登録されていることを確認します。

    # subscription-manager register \
        --username=*<username>* --password=*<password>*
    # subscription-manager attach --pool=*<poolid>*
    # subscription-manager repos --disable="*"
    # subscription-manager repos \
        --enable=rhel-7-server-rpms \
        --enable=rhel-7-server-extras-rpms

    etcd は rhel-7-server-extras-rpms ソフトウェアチャンネルでホストされています。

  4. すべての未使用の etcd メンバーが etcd クラスターから削除されていることを確認します。これは、scaleup Playbook を実行する前に完了する必要があります。

    1. etcd メンバーを一覧表示します。

      # etcdctl --cert="/etc/etcd/peer.crt" --key="/etc/etcd/peer.key" \
        --cacert="/etc/etcd/ca.crt" --endpoints=ETCD_LISTEN_CLIENT_URLS member list -w table

      該当する場合は、未使用の etcd メンバー ID をコピーします。

    2. 以下のコマンドで ID を指定して、未使用のメンバーを削除します。

      # etcdctl --cert="/etc/etcd/peer.crt" --key="/etc/etcd/peer.key" \
        --cacert="/etc/etcd/ca.crt" --endpoints=ETCD_LISTEN_CLIENT_URL member remove UNUSED_ETCD_MEMBER_ID
  5. 現在の etcd ノードで etcd および iptables をアップグレードします。

    # yum update etcd iptables-services
  6. etcd ホストの /etc/etcd 設定をバックアップします。
  7. 新規 etcd メンバーが OpenShift Container Platform ノードでもある場合は、必要な数のホストをクラスターに追加 します。
  8. この手順の残りでは 1 つのホストを追加していることを前提としていますが、複数のホストを追加する場合は、各ホストですべての手順を実行します。

4.3.1. Ansible を使用した新規 etcd ホストの追加

手順
  1. Ansible インベントリーファイルで、[new_etcd] という名前の新規グループおよび新規ホストを作成します。次に、new_etcd グループを [OSEv3] グループの子として追加します。

    [OSEv3:children]
    masters
    nodes
    etcd
    new_etcd 1
    
    ... [OUTPUT ABBREVIATED] ...
    
    [etcd]
    master-0.example.com
    master-1.example.com
    master-2.example.com
    
    [new_etcd] 2
    etcd0.example.com 3
    1 2 3
    これらの行を追加します。
    注記

    インベントリーファイル内の古い etcd host エントリーを新しい etcd host エントリーに置き換えます。古い etcd host を置き換えるときに、/etc/etcd/ca/ ディレクトリーのコピーを作成する必要があります。または、etcd hosts をスケールアップする前に、etcd ca と証明書を再デプロイすることもできます。

  2. OpenShift Container Platform をインストールし、Ansible インベントリーファイルをホストするホストから、Playbook ディレクトリーに移動し、etcd scaleup Playbook を実行します。

    $ cd /usr/share/ansible/openshift-ansible
    $ ansible-playbook  playbooks/openshift-etcd/scaleup.yml
  3. Playbook が実行された後に、新規 etcd ホストを [new_etcd] グループから [etcd] グループに移行し、現在のステータスを反映するようにインベントリーファイルを変更します。

    [OSEv3:children]
    masters
    nodes
    etcd
    new_etcd
    
    ... [OUTPUT ABBREVIATED] ...
    
    [etcd]
    master-0.example.com
    master-1.example.com
    master-2.example.com
    etcd0.example.com
  4. Flannel を使用する場合には、OpenShift Container Platform のホストごとに、/etc/sysconfig/flanneld にある flanneld サービス設定を変更し、新しい etcd ホストを追加します。

    FLANNEL_ETCD_ENDPOINTS=https://master-0.example.com:2379,https://master-1.example.com:2379,https://master-2.example.com:2379,https://etcd0.example.com:2379
  5. flanneld サービスを再起動します。

    # systemctl restart flanneld.service
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.