検索

12.4.3. 署名ストアからのイメージ署名の自動インポート

download PDF

OpenShift Container Platform は、署名ストアがすべての OpenShift Container Platform マスターノードに設定されている場合に、レジストリー設定ディレクトリーを使用してイメージ署名を自動インポートします。

レジストリー設定ディレクトリーには、各種レジストリー (リモートコンテナーイメージを保存するサーバー) およびそれらに保存されるコンテンツの設定が含まれます。この単一ディクトリーを使用すると、設定がコンテナー/イメージのすべてのユーザー間で共有されるように、各コマンドのコマンドラインオプションでその設定を指定する必要がありません。

デフォルトのレジストリー設定ディレクトリーは、/etc/containers/registries.d/default.yaml ファイルにあります。

すべての Red Hat イメージに対してイメージ署名の自動インポートを実行する設定例:

docker:
  registry.redhat.io:
    sigstore: https://registry.redhat.io/containers/sigstore 1
1
署名ストアの URL を定義します。この URL は、既存署名の読み取りに使用されます。
注記

OpenShift Container Platform によって自動的にインポートされる署名は、デフォルトで 未検証 の状態になり、イメージ管理者による検証が必要になります。

レジストリー設定ディレクトリーについての詳細は、Registries Configuration Directory を参照してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.