検索

2.8.46. RHBA-2020:2990 - OpenShift Container Platform 3.11.248 バグ修正の更新

download PDF

発行日: 2020-07-27

OpenShift Container Platform リリース 3.11.248 が公開されました。この更新に含まれるパッケージおよびバグ修正は、RHBA-2020:2990 および RHBA-2020:3416 アドバイザリーにまとめられています。この更新に含まれるコンテナーイメージは、RHBA-2020:2991 アドバイザリーで提供されています。

2.8.46.1. アップグレード

既存の OpenShift Container Platform 3.10 または 3.11 クラスターをこの最新リリースにアップグレードする方法については、アップグレード方式およびストラテジー を参照してください。

3.11.248 リリースには、異なる時点でリリースされた 2 つのパッケージアドバイザリーが含まれています。RHBA-2020:3416 アドバイザリーには CRI-O のバグ修正が含まれており、これは BZ#1866132 にまとめられています。最新の CRI-O パッケージの更新でクラスターをアップグレードするには、以下の手順を実行します。

  1. すべてのノードをクリーンアップします。

    # yum clean all
  2. 3.11 upgrade Playbook を実行します。
  3. CRI-O パッケージバージョンが 1.11.16-0.11.dev.rhaos3.11.gitd6a416d.el7 であることを確認します。

    # yum list cri-o
  4. すべてのノードを再起動します
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.