検索

15.7. デフォルト SCC (Security Context Constraints) の更新

download PDF

デフォルト SCC は、それらが見つからない場合にはマスターの起動時に作成されます。SCC をデフォルトにリセットするか、またはアップグレード後に既存の SCC を新規のデフォルト定義に更新するには、以下を実行します。

  1. リセットする SCC を削除し、マスターを再起動してその再作成を実行します。
  2. oc adm policy reconcile-sccs コマンドを使用します。

oc adm policy reconcile-sccs コマンドは、すべての SCC ポリシーをデフォルト値に設定しますが、すでに設定した可能性のある追加ユーザー、グループ、ラベル、アノテーションおよび優先順位を保持します。変更される SCC を表示するには、オプションなしでコマンドを実行するか、または -o <format> オプションで優先する出力を指定してコマンドを実行します。

確認後は、既存 SCC のバックアップを取ってから --confirm オプションを使用してデータを永続化します。

注記

優先順位や許可をリセットする場合は、--additive-only=false オプションを使用します。

注記

SCC に優先順位、ユーザー、グループ、ラベル、またはアノテーション以外のカスタマイズ設定がある場合、これらの設定は調整時に失われます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.