検索

第20章 カスタムリソースによる Kubernetes API の拡張

download PDF

20.1. Kubernetes カスタムリソース定義

Kubernetes API では、リソースは特定の種類の API オブジェクトのコレクションを保管するエンドポイントです。たとえば、ビルトインされた Pod リソースには Pod オブジェクトのコレクションが含まれます。

カスタムリソースは、Kubernetes API を拡張するか、またはプロジェクトまたはクラスターに独自の API を導入することを可能にするオブジェクトです。

カスタムリソース定義 (CRD) ファイルは、独自のオブジェクトの種類を定義し、API サーバーがライフサイクル全体を処理できるようにします。CRD をクラスターにデプロイすると、Kubernetes API サーバーは指定されたカスタムリソースを提供し始めます。

新規のカスタムリソース定義 (CRD) の作成時に、Kubernetes API サーバーは、クラスター全体または単一プロジェクト (namespace) でアクセスできる新規 RESTful リソースパスを作成することによって応答します。既存のビルトインオブジェクトの場合のように、プロジェクトを削除すると、そのプロジェクトのすべてのカスタムオブジェクトが削除されます。

CRD へのアクセスをユーザーに付与する場合、クラスターロールの集計により、管理、編集、または表示のデフォルトクラスターロールを持つユーザーにアクセスを付与します。また、クラスターロールの集計により、カスタムポリシールールをこれらのクラスターロールに挿入することができます。この動作は、これがビルトインリソースであるかのように新規リソースをクラスターの RBAC ポリシーに統合します。

注記

クラスター管理者のみが CRD を作成できますが、読み取りと書き込みのパーミッションがある場合には、CRD からオブジェクトを作成できます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.