検索

19.5. ビルドのプルーニング

download PDF

使用年数やステータスによりシステムで不要となったビルドをプルーニングするために、管理者は以下のコマンドを実行できます。

$ oc adm prune builds [<options>]
表19.3 ビルドのプルーニング用の CLI の設定オプション
オプション説明

--confirm

ドライランを実行する代わりにプルーニングが実行されることを示します。

--orphans

ビルド設定が存在せず、ステータスが complete (完了)、failed (失敗)、error (エラー)、または canceled (中止) のすべてのビルドをプルーニングします。

--keep-complete=<N>

ビルド設定に基づき、ステータスが complete (完了) の最後の N ビルドを保持します (デフォルト: 5)。

--keep-failed=<N>

ビルド設定に基づき、ステータスが failed (失敗)、error (エラー)、または canceled (中止) の最後の N ビルドを保持します (デフォルト: 1)。

--keep-younger-than=<duration>

現在の時間との対比で <duration> 未満の新しいオブジェクトはプルーニングしません (デフォルト: 60m)。

プルーニング操作によって削除されるものを確認するには、以下を実行します。

$ oc adm prune builds --orphans --keep-complete=5 --keep-failed=1 \
    --keep-younger-than=60m

プルーニング操作を実際に実行するには、以下を実行します。

$ oc adm prune builds --orphans --keep-complete=5 --keep-failed=1 \
    --keep-younger-than=60m --confirm
注記

開発者は、ビルド設定を変更することにより、自動ビルドプルーニング を有効にできます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.