検索

7.3.2. プロジェクト別のカスタム期間の指定

download PDF

1 回実行 (run-once) Pod のグローバルな最長期間を設定することに加え、管理者はアノテーション (openshift.io/active-deadline-seconds-override) を特定プロジェクトに追加し、グローバルのデフォルト値を上書きすることができます。

  • 新規プロジェクトの場合、プロジェクト仕様の .yaml ファイルにアノテーションを定義します。

    apiVersion: v1
    kind: Project
    metadata:
      annotations:
        openshift.io/active-deadline-seconds-override: "1000" 1
      name: myproject
    1
    1 回実行 (run-once) Pod のデフォルト有効期限 (秒単位) を 1000 秒に上書きします。上書きに使用する値は、文字列形式で指定される必要があります。
  • 既存プロジェクトの場合、以下を実行します。

    • oc edit を実行し、openshift.io/active-deadline-seconds-override: 1000 アノテーションをエディターで追加します。

      $ oc edit namespace <project-name>

      または

    • oc patch コマンドを使用します。

      $ oc patch namespace <project_name> -p '{"metadata":{"annotations":{"openshift.io/active-deadline-seconds-override":"1000"}}}'

7.3.2.1. Egress ルーター Pod のデプロイ

例7.1 Egress ルーターの Pod 定義の例

apiVersion: v1
kind: Pod
metadata:
  name: egress-1
  labels:
    name: egress-1
  annotations:
    pod.network.openshift.io/assign-macvlan: "true"
spec:
  containers:
  - name: egress-router
    image: openshift3/ose-egress-router
    securityContext:
      privileged: true
    env:
    - name: EGRESS_SOURCE 1
      value: 192.168.12.99
    - name: EGRESS_GATEWAY 2
      value: 192.168.12.1
    - name: EGRESS_DESTINATION 3
      value: 203.0.113.25
  nodeSelector:
    site: springfield-1 4
1
この Pod で使用するためにクラスター管理者が予約するノードサブセットの IP アドレス。
2
ノード自体で使用されるデフォルトゲートウェイと同じ値。
3
Pod の接続は 203.0.113.25 にリダイレクトされます。 ソース IP アドレスは 192.168.12.99 です。
4
Pod はラベルサイトが springfield-1 のノードにのみデプロイされます。

pod.network.openshift.io/assign-macvlan annotation はプライマリーネットワークインターフェイスに Macvlan ネットワークインターフェイスを作成してから、それを Pod のネットワーク namespace に移行し、egress-router コンテナーを起動します。

注記

"true" の周りの引用符をそのまま残します。これらを省略するとエラーが生じます。

Pod には openshift3/ose-egress-router イメージを使用する単一コンテナーが含まれ、そのコンテナーは特権モードで実行されるので、Macvlan インターフェイスを設定したり、iptables ルールをセットアップしたりできます。

環境変数は egress-router イメージに対し、使用するアドレスを指示します。 これは、EGRESS_SOURCE を IP アドレスとして、また EGRESS_GATEWAY をゲートウェイとして使用するよう Macvlan を設定します。

NAT ルールが設定され、Pod のクラスター IP アドレスの TCP または UDP ポートへの接続が EGRESS_DESTINATION の同じポートにリダイレクトされるようにします。

クラスター内の一部のノードのみが指定されたソース IP アドレスを要求でき、指定されたゲートウェイを使用できる場合、受け入れ可能なノードを示す nodeName または nodeSelector を指定することができます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.