検索

3.5. プロキシーの上書きの設定

download PDF

ノードの /etc/environment ファイルに http_proxy または https_proxy 値のいずれかが含まれる場合、OpenShift Container Platform コンポーネント間でのオープンな通信を可能にするため、そのファイルに no_proxy 値を設定する必要もあります。

注記

/etc/environment ファイルの no_proxy パラメーターは、インベントリーファイルに設定するグローバルプロキシー値と同じ値ではありません。グローバルプロキシー値では、プロキシーの設定を使って特定の OpenShift Container Platform サービスを設定します。詳細は、グローバルプロキシーオプションの設定 を参照してください。

/etc/environment ファイルにプロキシー値が含まれる場合、以下の値を、各ノードでこのファイルの no_proxy パラメーターに以下の値を定義します。

  • マスターおよびノードのホスト名またはそれらのドメイン接尾辞。
  • 他の内部ホスト名またはそれらのドメイン接尾辞。
  • etcd IP アドレス。etcd アクセスはアドレスで制御されるので、ホスト名ではなく IP アドレスを指定する必要があります。
  • Kubernetes IP アドレス (デフォルトは 172.30.0.1)。インベントリーファイルの openshift_portal_net パラメーターに設定される値である必要があります。
  • Kubernetes の内部ドメイン接尾辞: cluster.local
  • Kubernetes の内部ドメイン接尾辞: .svc
注記

no_proxy は CIDR をサポートしないので、ドメイン接尾辞を使用できます。

http_proxy または https_proxy 値のいずれかを使用する場合、 no_proxy パラメーターの値は以下の例のようになります。

no_proxy=.internal.example.com,10.0.0.1,10.0.0.2,10.0.0.3,.cluster.local,.svc,localhost,127.0.0.1,172.30.0.1
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.