検索

23.6.5. swap メモリーの無効化

download PDF

OpenShift Container Platform 3.9 では、Ansible ノードのインストールの一環として swap が無効になっています。swap の有効化はサポート対象外になりましたが、今後のリリースにおける swap の適切なサポートを現在評価しています。

重要

swap を有効にして実行すると、意図しない結果がもたらされます。swap が有効にされている場合、利用可能なメモリーの リソース不足の処理 (out of resource handling) のエビクションしきい値は、想定どおりに機能しなくなります。メモリー不足の状態の場合に Pod をノードからエビクトし、Pod を不足状態にない別のノードで再スケジューリングできるようにリソース不足の処理 (out of resource handling) を利用できるようにします。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.