検索

第39章 OpenShift SDN のトラブルシューティング

download PDF

39.1. 概要

SDN のドキュメント で説明されているように、あるコンテナーから別のコンテナーへトラフィックを適切に渡すために作成されるインターフェイスの複数のレイヤーがあります。接続の問題をデバッグするには、スタックの複数のレイヤーをテストして問題の原因を判別する必要があります。本書は複数のレイヤーを調べて問題を特定し、解決するのに役立ちます。

問題の原因の一部は OpenShift Container Platform が複数の方法で設定でき、ネットワークが複数の異なる場所で正しく設定されない可能性がある点にあります。本書では、いくつかのシナリオを使用しますが、これらのシナリオは大半のケースに対応していることが予想されます。実際に生じている問題がこれらのシナリオで扱われていない場合には、導入されている各種のツールおよび概念を使用してデバッグ作業を行うことができます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.