検索

2.9. Pod のノードからの退避

download PDF

Pod を退避することで、すべての Pod または選択した Pod を 1 つの指定されたノードから移行できます。Pod の退避を実行するには、まずノードを スケジュール対象外としてマーク する必要があります。

レプリケーションコントローラー でサポートされる Pod のみを退避できます。レプリケーションコントローラーは他のノードで新規 Pod を作成し、既存の Pod を指定したノードから削除します。デフォルトで、ベア Pod (レプリケーションコントローラーでサポートされていない Pod) はこの影響を受けません。Pod セレクターを指定すると Pod のサブセットを退避できます。Pod セレクターはラベルをベースにしており、指定されたラベルのあるすべての Pod の退避が行われます。

ノードですべての Pod または選択した Pod を退避するには、以下を実行します。

$ oc adm drain <node> [--pod-selector=<pod_selector>]

--force オプションを使用すると、ベア Pod の削除を強制的に実行できます。true に設定されると、Pod がレプリケーションコントローラー、ReplicaSet、ジョブ、DeamonSet、または StatefulSet で管理されていない場合でも削除が続行されます。

$ oc adm drain <node> --force=true

--grace-period を使用して、各 Pod を正常に終了するための期間 (秒単位) を設定できます。負の値の場合には、Pod に指定されるデフォルト値が使用されます。

$ oc adm drain <node> --grace-period=-1

--ignore-daemonsets を使用し、これを true に設定すると、Deamonset で管理された Pod を無視できます。

$ oc adm drain <node> --ignore-daemonsets=true

--timeout を使用すると、中止する前の待機期間を設定できます。値 0 は無限の時間を設定します。

$ oc adm drain <node> --timeout=5s

--delete-local-data を使用し、これを true に設定すると、Pod が emptyDir (ノードがドレイン (解放) される場合に削除されるローカルデータ) を使用する場合でも削除が続行されます。

$ oc adm drain <node> --delete-local-data=true

退避を実行せずに移行するオブジェクトを一覧表示するには、--dry-run オプションを使用し、これを true に設定します。

$ oc adm drain <node> --dry-run=true

特定のノード名を指定する代わりに、--selector=<node_selector> オプションを使用し、セレクターに一致するノードの Pod を退避することができます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.