検索

29.2.7. 254 を超えるアドレスについての IP フェイルオーバーの設定

download PDF

IP フェイルオーバー管理は VIP アドレスの 254 グループに制限されています。デフォルトでは、OpenShift Container Platform は各グループに 1 つの IP アドレスを割り当てます。virtual-ip-groups オプションを使用するとこれを変更でき、IP フェイルオーバーの設定 時に複数の IP アドレスをそれぞれのグループに配置し、各 VRRP インスタンスに利用できる VIP グループの数を定義できます。

VIP の作成により、VRRP フェイルオーバーの発生時の広範囲の VRRP の割り当てが作成され、これはクラスター内のすべてのホストがローカルにサービスにアクセスする場合に役立ちます。たとえば、サービスが ExternalIP で公開されている場合などがこれに含まれます。

注記

フェイルオーバーのルールとして、ルーターなどのサービスは特定の 1 つのホストに制限しません。代わりに、サービスは、IP フェイルオーバーの発生時にサービスが新規ホストに再作成されないように各ホストに複製可能な状態にする必要があります。

注記

OpenShift Container Platform のヘルスチェックを使用している場合、IP フェイルオーバーおよびグループの性質上、グループ内のすべてのインスタンスはチェックされません。そのため、Kubernetes ヘルスチェック を使ってサービスが有効であることを確認する必要があります。

# oc adm ipfailover <ipfailover_name> --create \
    ...
    --virtual-ip-groups=<number_of_ipfailover_groups>

たとえば、7 つの VIP のある環境で --virtual-ip-groups3 に設定されている場合、これは 3 つのグループを作成し、3 つの VIP を最初のグループに、2 つの VIP を 2 つの残りのグループにそれぞれ割り当てます。

注記

--virtual-ip-groups オプションで設定されるグループの数がフェイルオーバーに設定される IP アドレスの数よりも小さい場合、グループには複数の IP アドレスが含まれ、アドレスのすべてが単一のユニットとして移行します。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.