検索

16.2.5. 利用可能な述語

download PDF

述語は、不適切なノードをフィルターに掛けるルールです。

OpenShift Container Platform には、デフォルトでいくつかの述語が提供されています。これらの述語の一部は、特定のパラメーターを指定してカスタマイズできます。複数の述語を組み合わせてノードの追加フィルターを指定できます。

16.2.5.1. 静的な述語

これらの述語はユーザーから設定パラメーターまたは入力を取りません。これらはそれぞれの正確な名前を使用してスケジューラー設定に指定されます。

16.2.5.1.1. デフォルトの述語

デフォルトのスケジューラーポリシーには以下の述語が含まれます。

NoVolumeZoneConflict は、Pod が要求するボリュームがゾーンで利用可能であることを確認します。

{"name" : "NoVolumeZoneConflict"}

MaxEBSVolumeCount は、AWS インスタンスに割り当てることのできるボリュームの最大数を確認します。

{"name" : "MaxEBSVolumeCount"}

MaxGCEPDVolumeCount は、Google Compute Engine (GCE) 永続ディスク (PD) の最大数を確認します。

{"name" : "MaxGCEPDVolumeCount"}

MatchInterPodAffinity は、Pod のアフィニティー/非アフィニティールールが Pod を許可するかどうかを確認します。

{"name" : "MatchInterPodAffinity"}

NoDiskConflict は、Pod が要求するボリュームが利用可能であるかどうかを確認します。

{"name" : "NoDiskConflict"}

PodToleratesNodeTaints は Pod がノードのテイントを許容できるかどうかを確認します。

{"name" : "PodToleratesNodeTaints"}
16.2.5.1.2. 他の静的な述語

OpenShift Container Platform は以下の述語もサポートしています。

CheckVolumeBinding は、バインドされた PVC とバインドされていない PVC の両方について、Pod が要求するボリュームに基づいて Pod が適切かどうかを評価します。* バインドされる PVC の場合、述語は対応する PV のノードアフィニティーが指定ノードで満たされていることを確認します。* バインドされない PVC の場合、述語は PVC 要件を満たし、PV ノードのアフィニティーが指定ノードで満たされる利用可能な PV を検索します。

述語は、すべてのバインドされる PVC にノードと互換性のある PV がある場合や、すべてのバインドされていない PVC が利用可能なノードとの互換性のある PV に一致する場合に true を返します。

{"name" : "CheckVolumeBinding"}

CheckVolumeBinding 述語は、デフォルト以外のスケジューラーで有効にする必要があります。

CheckNodeCondition は、out of disk (ディスク不足)network unavailable (ネットワークが使用不可)、または not ready (準備できていない) 状態を報告するノードで Pod をスケジュールできるかどうかを確認します。

{"name" : "CheckNodeCondition"}

PodToleratesNodeNoExecuteTaints は、Pod の容認がノードの NoExecute テイントを容認できるかどうかを確認します。

{"name" : "PodToleratesNodeNoExecuteTaints"}

CheckNodeLabelPresence は、すべての指定されたラベルがノードに存在するかどうかを確認します (その値が何であるかは問わない)。

{"name" : "CheckNodeLabelPresence"}

checkServiceAffinity は、ServiceAffinity ラベルがノードでスケジュールされる Pod について同種のものであることを確認します。

{"name" : "checkServiceAffinity"}

MaxAzureDiskVolumeCount は Azure ディスクボリュームの最大数を確認します。

{"name" : "MaxAzureDiskVolumeCount"}
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.