検索

4.5. ノードグループおよびホストマッピングの定義

download PDF

ノードの設定はマスターから ブートストラップ されるようになりました。ノードおよびサービスが起動されると、ノードは、kubeconfig および他のノード設定ファイルが存在するかどうかをクラスターに参加する前に確認します。存在しない場合には、ノードはマスターから設定をプルしてから、クラスターに参加します。

このプロセスにより、管理者は各ノードホストで一意のノード設定を手動で維持する必要があります。その代わりに、ノードホストの /etc/origin/node/node-config.yaml ファイルの内容がマスターから取得される ConfigMap によって提供されるようになりました。

4.5.1. ノードの ConfigMap

ノード設定の定義用の ConfigMap は openshift-node プロジェクトで利用できる状態でなければなりません。ConfigMap はノードラベルの信頼できる定義となり、以前の openshift_node_labels の値は事実上、無視されます。

デフォルトで、クラスターのインストール時にインストーラーは以下のデフォルト ConfigMap を作成します。

  • node-config-master
  • node-config-infra
  • node-config-compute

以下の ConfigMap も作成され、複数のロールにノードをラベル付けします。

  • node-config-all-in-one
  • node-config-master-infra

以下の ConfigMap は、それぞれの既存のデフォルトノードグループの CRI-O バリアントです。

  • node-config-master-crio
  • node-config-infra-crio
  • node-config-compute-crio
  • node-config-all-in-one-crio
  • node-config-master-infra-crio
重要

ノードホストの /etc/origin/node/node-config.yaml ファイルを変更することはできません。変更については、ノードが使用する ConfigMap で定義さえる設定で上書きされます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.