検索

4.23. Web コンソールのカスタマイズの設定

download PDF

以下の Ansible 変数は、Web コンソールをカスタマイズするためのマスター設定オプションを設定します。これらのカスタマイズオプションの詳細については、Web コンソールのカスタマイズ を参照してください。

表4.12 Web コンソールのカスタマイズ変数
変数目的

openshift_web_console_install

Web コンソールをインストールするかどうかを決定します。true または false に設定できます。デフォルトは true です。

openshift_web_console_prefix

Web コンソールイメージの接頭辞を指定します。

openshift_master_logout_url

Web コンソールの設定で clusterInfo.logoutPublicURL を設定します。詳細は、ログアウト URL の変更 を参照してください。値の例: https://example.com/logout

openshift_web_console_extension_script_urls

Web コンソールの設定で extensions.scriptURLs を設定します。詳細は、 拡張スクリプトとスタイルシートの読み込み を参照してください。値の例: ['https://example.com/scripts/menu-customization.js','https://example.com/scripts/nav-customization.js']

openshift_web_console_extension_stylesheet_urls

Web コンソール設定で extensions.stylesheetURLs を設定します。詳細は、 拡張スクリプトとスタイルシートの読み込み を参照してください。値の例: ['https://example.com/styles/logo.css','https://example.com/styles/custom-styles.css']

openshift_master_oauth_template

マスター設定で OAuth テンプレートを設定します。詳細については、ログインページのカスタマイズ を参照してください。値の例: ['/path/to/login-template.html']

openshift_master_metrics_public_url

マスター設定で metricsPublicURL を設定します。詳細は、メトリクスのパブリック URL の設定 を参照してください。値の例: https://hawkular-metrics.example.com/hawkular/metrics

openshift_master_logging_public_url

マスター設定で loggingPublicURL を設定します。詳細は、Kibana を参照してください。値の例: https://kibana.example.com

openshift_web_console_inactivity_timeout_minutes

アクティブでない状態が一定期間続いた後にユーザーを自動的にログアウトするように Web コンソールを設定します。5 以上の整数を指定する必要があります。0 では、この昨日は無効になります。デフォルトは 0 (無効) です。

openshift_web_console_cluster_resource_overrides_enabled

クラスターがオーバーコミット対応に設定されているかどうかを示すブール値。true の場合、リソースの上限の編集時に、Web コンソールには CPU 要求、CPU 制限およびメモリー要求のフィールドは表示されません。 これらの値は、クラスターリソースのオーバーライド設定で設定する必要があるためです。

openshift_web_console_enable_context_selector

2 つのコンソール間で簡単に切り換えられるように、Web コンソールおよび管理コンソールのタイトルでコンテキストセレクターを有効にします。両方のコンソールがインストールされている場合、デフォルトは true に設定されます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.