検索

11.2. インポート用に許可されるレジストリーの設定

download PDF

以下の例に示されるように、imagePolicyConfig:allowedRegistriesForImport セクション以下にある master-config.yaml にインポート用に許可されるレジスターを設定できます。この設定がない場合は、すべてのイメージが許可されます。 これはデフォルトになります。

例11.1 インポート用に許可されるレジストリーの設定例

imagePolicyConfig:
  allowedRegistriesForImport:
  -
    domainName: registry.redhat.io 1
  -
    domainName: *.mydomain.com
    insecure: true 2
  -
    domainName: local.registry.corp:5000 3
1
指定されたセキュアなレジストリーからのイメージを許可します。
2
mydomain.com の任意のサブドメインでホストされる非セキュアなレジストリーからのイメージを許可します。mydomain.com はホワイトリストに追加されません。
3
ポートが指定された指定レジストリーからのイメージを許可します。

各ルールは以下の属性で設定されています。

  • domainName: ホスト名であり、オプションでその最後は :<port> 接尾辞になり、ここで特殊なワイルドカード文字 (?*) が認識されます。ワイルドカード文字は : 区切り文字の前後の両方に置くことができます。ワイルドカード文字は : セパレーターの前後に置くことができます。ワイルドカードは、セパレーターの存在に関係なく、セパレーターの前後の部分にのみ適用されます。
  • insecure: :<port> の部分が domainName にない場合、一致するポートを判別するために使用されるブール値です。true の場合、domainName はインポート時に非セキュアなフラグが使用されている限り、接尾辞が :80 のポートが設定されているか、またはポートが未指定のレジストリーに一致します。false の場合、接尾辞が :443 のポートか、またはポートが未指定のレジストリーが一致します。

ルールが同じドメインのセキュアなポートと非セキュアなポートの両方に一致する場合、ルールは 2 回一覧表示されるはずです (1 回は insecure=true が設定され、もう 1 回は insecure=false が設定されます)。

修飾されていないイメージ参照は、ルールの評価前に docker.io に対して修飾されます。これらをホワイトリストに追加するには、domainName: docker.io を使用します。

domainName: * ルールは任意のレジストリーのホスト名に一致しますが、ポートは依然として 443 に制限された状態になります。任意のポートで機能する任意のレジストリーに一致させるには、domainName: *:* を使用します。

インポート用に許可されるレジストリーの設定例 で設定されるルールに基づいて、以下が実行されます。

  • oc tag --insecure reg.mydomain.com/app:v1 app:v1 は、mydomain.com ルールの処理によってホワイトリストに追加されます。
  • oc import-image --from reg1.mydomain.com:80/foo foo:latest もホワイトリストに追加されます。
  • oc tag local.registry.corp/bar bar:latest は、ポートが 3 番目のルールの 5000 に一致しないために拒否されます。

拒否されたイメージのインポートにより、以下のテキストのようなエラーメッセージが生成されます。

The ImageStream "bar" is invalid:
* spec.tags[latest].from.name: Forbidden: registry "local.registry.corp" not allowed by whitelist: "local.registry.corp:5000", "*.mydomain.com:80", "registry.redhat.io:443"
* status.tags[latest].items[0].dockerImageReference: Forbidden: registry "local.registry.corp" not allowed by whitelist: "local.registry.corp:5000", "*.mydomain.com:80", "registry.redhat.io:443"
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.