検索

6.3. インストールの検証

download PDF

インストールが完了したら、次の手順を実行します。

  1. マスターが起動しており、ノードが登録されており、Ready ステータスで報告されていることを確認します。マスターホストで 以下のコマンドを root で実行します。

    # oc get nodes
    NAME                   STATUS    ROLES     AGE       VERSION
    master.example.com     Ready     master    7h        v1.9.1+a0ce1bc657
    node1.example.com      Ready     compute   7h        v1.9.1+a0ce1bc657
    node2.example.com      Ready     compute   7h        v1.9.1+a0ce1bc657
  2. Web コンソールが正常にインストールされているか確認するには、マスターホスト名と Web コンソールのポート番号を使用して Web ブラウザーで Web コンソールにアクセスします。

    たとえば、ホスト名が master.openshift.com で、デフォルトポート 8443 を使用するマスターホストの場合、Web コンソール URL は https://master.openshift.com:8443/console になります。

複数 etcd ホストの確認

複数 etcd ホストをインストールした場合は、以下の手順を実行します。

  1. まず、 etcdctl コマンドを提供する etcd パッケージがインストールされていることを確認します。

    # yum install etcd
  2. マスターホストで etcd クラスターの正常性を確認します。 以下で実際の etcd ホストの FQDN の置き換えを実行します。

    # etcdctl -C \
        https://etcd1.example.com:2379,https://etcd2.example.com:2379,https://etcd3.example.com:2379 \
        --ca-file=/etc/origin/master/master.etcd-ca.crt \
        --cert-file=/etc/origin/master/master.etcd-client.crt \
        --key-file=/etc/origin/master/master.etcd-client.key cluster-health
  3. メンバーリストが正しいことも確認します。

    # etcdctl -C \
        https://etcd1.example.com:2379,https://etcd2.example.com:2379,https://etcd3.example.com:2379 \
        --ca-file=/etc/origin/master/master.etcd-ca.crt \
        --cert-file=/etc/origin/master/master.etcd-client.crt \
        --key-file=/etc/origin/master/master.etcd-client.key member list
HAProxy を使用する複数マスターの確認

HAProxy をロードバランサーとして使用して複数のマスターをインストールしている場合、以下の URL を開き、HAProxy のステータスを確認します。

http://<lb_hostname>:9000 1
1
インベントリーファイルの [lb] セクションに一覧表示されているロードバランサーのホスト名を指定します。

HAProxy の設定に関するドキュメント を参照してインストールを検証できます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.