検索

4.5.4.2. ノードでの Pod スケジュール可能性の設定

download PDF

マスターはデフォルトでスケジュール対象ノードとしてマークされるため、デフォルトノードセレクターは、クラスターのインストール時にデフォルトで設定されます。デフォルトノードセレクターは、Pod を配置する際にデフォルトでプロジェクトが使用するノードを判別するためにマスター設定ファイルの projectConfig.defaultNodeSelector フィールドに定義されます。これは、osm_default_node_selector 変数を使用して上書きされない限り、node-role.kubernetes.io/compute=true に設定されます。

重要

インストール時にデフォルトノードセレクター node-role.kubernetes.io/compute=true を受け入れる場合、クラスターで非マスターノードとして定義されているのが専用インフラストラクチャーノードだけでないことを確認してください。この場合、アプリケーション Pod はデプロイに失敗します。 プロジェクトの Pod のスケジュール時に、デフォルトノードセレクターに一致する node-role.kubernetes.io/compute=true ラベル付きのノードが存在しないためです。

インストール後に必要に応じてこの設定を調整する手順については、クラスター全体でのデフォルトノードセレクターの設定 を参照してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.