検索

43.4. クラスターへの自動スケーラーコンポーネントのデプロイ

download PDF

起動設定および自動スケーリンググループの作成後に、自動スケーラーコンポーネントをクラスターにデプロイできます。

前提条件

  • AWS で OpenShift Container Platform クラスターをインストールします。
  • Primed イメージを作成します。
  • Primed イメージを参照する起動設定および自動スケーリンググループを作成します。

手順

自動スケーラーをデプロイするには、以下を実行します。

  1. 自動スケーラーを実行するためにクラスターを更新します。

    1. クラスターを作成するために使用したインベントリーファイルに、以下のパラメーターを追加します。デフォルトは /etc/ansible/hosts です。

      openshift_master_bootstrap_auto_approve=true
    2. 自動スケーラーコンポーネントを取得するには、Playbook ディレクトリーに切り替えてから Playbook を再度実行します。

      $ cd /usr/share/ansible/openshift-ansible
      $ ansible-playbook -i </path/to/inventory/file> \
          playbooks/openshift-master/enable_bootstrap.yml
    3. bootstrap-autoapprover Pod が実行中であることを確認します。

      $ oc get pods --all-namespaces | grep bootstrap-autoapprover
      NAMESPACE               NAME                                             READY     STATUS    RESTARTS   AGE
      openshift-infra         bootstrap-autoapprover-0                         1/1       Running   0
  2. 自動スケーラーの namespace を作成します。

    $ oc apply -f - <<EOF
    apiVersion: v1
    kind: Namespace
    metadata:
      name: cluster-autoscaler
      annotations:
        openshift.io/node-selector: ""
    EOF
  3. 自動スケーラーのサービスアカウントを作成します。

    $ oc apply -f - <<EOF
    apiVersion: v1
    kind: ServiceAccount
    metadata:
      labels:
        k8s-addon: cluster-autoscaler.addons.k8s.io
        k8s-app: cluster-autoscaler
      name: cluster-autoscaler
      namespace: cluster-autoscaler
    EOF
  4. 必要なパーミッションをサービスアカウントに付与するためのクラスターロールを作成します。

    $ oc apply -n cluster-autoscaler -f - <<EOF
    apiVersion: v1
    kind: ClusterRole
    metadata:
      name: cluster-autoscaler
    rules:
    - apiGroups: 1
      - ""
      resources:
      - pods/eviction
      verbs:
      - create
      attributeRestrictions: null
    - apiGroups:
      - ""
      resources:
      - persistentvolumeclaims
      - persistentvolumes
      - pods
      - replicationcontrollers
      - services
      verbs:
      - get
      - list
      - watch
      attributeRestrictions: null
    - apiGroups:
      - ""
      resources:
      - events
      verbs:
      - get
      - list
      - watch
      - patch
      - create
      attributeRestrictions: null
    - apiGroups:
      - ""
      resources:
      - nodes
      verbs:
      - get
      - list
      - watch
      - patch
      - update
      attributeRestrictions: null
    - apiGroups:
      - extensions
      - apps
      resources:
      - daemonsets
      - replicasets
      - statefulsets
      verbs:
      - get
      - list
      - watch
      attributeRestrictions: null
    - apiGroups:
      - policy
      resources:
      - poddisruptionbudgets
      verbs:
      - get
      - list
      - watch
      attributeRestrictions: null
    EOF
    1
    cluster-autoscaler オブジェクトが存在する場合、pods/eviction ルールが動詞 create と共に存在することを確認します。
  5. デプロイメント自動スケーラーのロールを作成します。

    $ oc apply -n cluster-autoscaler -f - <<EOF
    apiVersion: v1
    kind: Role
    metadata:
      name: cluster-autoscaler
    rules:
    - apiGroups:
      - ""
      resources:
      - configmaps
      resourceNames:
      - cluster-autoscaler
      - cluster-autoscaler-status
      verbs:
      - create
      - get
      - patch
      - update
      attributeRestrictions: null
    - apiGroups:
      - ""
      resources:
      - configmaps
      verbs:
      - create
      attributeRestrictions: null
    - apiGroups:
      - ""
      resources:
      - events
      verbs:
      - create
      attributeRestrictions: null
    EOF
  6. creds ファイルを作成して、自動スケーラーの AWS 認証情報を保存します。

    $ cat <<EOF > creds
    [default]
    aws_access_key_id = your-aws-access-key-id
    aws_secret_access_key = your-aws-secret-access-key
    EOF

    自動スケーラーはこれらの認証情報を使用して、新規インスタンスを起動します。

  7. AWS 認証情報が含まれるシークレットを作成します。

    $ oc create secret -n cluster-autoscaler generic autoscaler-credentials --from-file=creds

    自動スケーラーはこのシークレットを使用して AWS 内でインスタンスを起動します。

  8. cluster-reader ロールを作成し、これを作成した cluster-autoscaler サービスアカウントに付与します。

    $ oc adm policy add-cluster-role-to-user cluster-autoscaler system:serviceaccount:cluster-autoscaler:cluster-autoscaler -n cluster-autoscaler
    
    $ oc adm policy add-role-to-user cluster-autoscaler system:serviceaccount:cluster-autoscaler:cluster-autoscaler --role-namespace cluster-autoscaler -n cluster-autoscaler
    
    $ oc adm policy add-cluster-role-to-user cluster-reader system:serviceaccount:cluster-autoscaler:cluster-autoscaler -n cluster-autoscaler
  9. クラスターの自動スケーラーをデプロイします。

    $ oc apply -n cluster-autoscaler -f - <<EOF
    apiVersion: apps/v1
    kind: Deployment
    metadata:
      labels:
        app: cluster-autoscaler
      name: cluster-autoscaler
      namespace: cluster-autoscaler
    spec:
      replicas: 1
      selector:
        matchLabels:
          app: cluster-autoscaler
          role: infra
      template:
        metadata:
          labels:
    	app: cluster-autoscaler
    	role: infra
        spec:
          containers:
          - args:
    	- /bin/cluster-autoscaler
    	- --alsologtostderr
    	- --v=4
    	- --skip-nodes-with-local-storage=False
    	- --leader-elect-resource-lock=configmaps
    	- --namespace=cluster-autoscaler
    	- --cloud-provider=aws
    	- --nodes=0:6:mycluster-ASG
    	env:
    	- name: AWS_REGION
    	  value: us-east-1
    	- name: AWS_SHARED_CREDENTIALS_FILE
    	  value: /var/run/secrets/aws-creds/creds
    	image: registry.redhat.io/openshift3/ose-cluster-autoscaler:v3.11
    	name: autoscaler
    	volumeMounts:
    	- mountPath: /var/run/secrets/aws-creds
    	  name: aws-creds
    	  readOnly: true
          dnsPolicy: ClusterFirst
          nodeSelector:
    	node-role.kubernetes.io/infra: "true"
          serviceAccountName: cluster-autoscaler
          terminationGracePeriodSeconds: 30
          volumes:
          - name: aws-creds
    	secret:
    	  defaultMode: 420
    	  secretName: autoscaler-credentials
    EOF
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.