検索

8.4. ルートおよび Ingress オブジェクトにおけるホスト名の競合防止の無効化

download PDF

OpenShift Container Platform では、ルートおよび ingress オブジェクトのホスト名の競合防止はデフォルトで有効にされています。これは、cluster-admin ロールのないユーザーは、作成時にのみルーターまたは ingress オブジェクトのホスト名を設定でき、その後は変更できなくなることを意味しています。ただし、ルートおよび ingress オブジェクトのこの制限は、一部またはすべてのユーザーに対して緩和することができます。

警告

OpenShift Container Platform はオブジェクト作成のタイムスタンプを使用して特定のホスト名の最も古いルートや ingress オブジェクトを判別するため、ルートまたは ingress オブジェクトは、古いルートがそのホスト名を変更したり、ingress オブジェクトが導入される場合に新規ルートのホスト名をハイジャックする可能性があります。

OpenShift Container Platform クラスター管理者は、作成後でもルートのホスト名を編集できます。また、特定のユーザーがこれを実行できるようにロールを作成することもできます。

$ oc create clusterrole route-editor --verb=update --resource=routes.route.openshift.io/custom-host

次に、新規ロールをユーザーにバインドできます。

$ oc adm policy add-cluster-role-to-user route-editor user

ingress オブジェクトのホスト名の競合防止を無効にすることもできます。これを実行することで、cluster-admin ロールを持たないユーザーが作成後も ingress オブジェクトのホスト名を編集できるようになります。これは、ingress オブジェクトのホスト名の編集を許可する場合などに Kubernetes の動作に依存する OpenShift Container Platform のインストールで役に立ちます。

  1. 以下を master.yaml ファイルに追加します。

    admissionConfig:
      pluginConfig:
        openshift.io/IngressAdmission:
          configuration:
            apiVersion: v1
            allowHostnameChanges: true
            kind: IngressAdmissionConfig
          location: ""
  2. 変更を有効にするために、マスターサービスを再起動します。

    $ master-restart api
    $ master-restart controllers
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.