検索

3.10.2. データの新規 PVC への復元

download PDF

以下の手順では、新規 pvc が作成されていることを前提としています。

手順
  1. 現在定義されている claim-name を上書きします。

    $ oc set volume dc/demo --add --name=persistent-volume \
    		--type=persistentVolumeClaim --claim-name=filestore \ --mount-path=/opt/app-root/src/uploaded --overwrite
  2. Pod が新規 PVC を使用していることを確認します。

    $ oc describe dc/demo
    Name:		demo
    Namespace:	test
    Created:	3 hours ago
    Labels:		app=demo
    Annotations:	openshift.io/generated-by=OpenShiftNewApp
    Latest Version:	3
    Selector:	app=demo,deploymentconfig=demo
    Replicas:	1
    Triggers:	Config, Image(demo@latest, auto=true)
    Strategy:	Rolling
    Template:
      Labels:	app=demo
    		deploymentconfig=demo
      Annotations:	openshift.io/container.demo.image.entrypoint=["container-entrypoint","/bin/sh","-c","$STI_SCRIPTS_PATH/usage"]
    		openshift.io/generated-by=OpenShiftNewApp
      Containers:
       demo:
        Image:	docker-registry.default.svc:5000/test/demo@sha256:0a9f2487a0d95d51511e49d20dc9ff6f350436f935968b0c83fcb98a7a8c381a
        Port:	8080/TCP
        Volume Mounts:
          /opt/app-root/src/uploaded from persistent-volume (rw)
        Environment Variables:	<none>
      Volumes:
       persistent-volume:
        Type:	PersistentVolumeClaim (a reference to a PersistentVolumeClaim in the same namespace)
        *ClaimName:	filestore*
        ReadOnly:	false
    ...omitted...
  3. デプロイメント設定では新規の pvc を使用しているため、oc rsync を実行してファイルを新規の pvc に配置します。

    $ oc rsync uploaded demo-3-2b8gs:/opt/app-root/src/
    sending incremental file list
    uploaded/
    uploaded/ocp_sop.txt
    uploaded/lost+found/
    
    sent 181 bytes  received 39 bytes  146.67 bytes/sec
    total size is 32  speedup is 0.15
  4. oc rsh を使用してファイルが Pod に戻されていることを確認し、Pod に接続してディレクトリーのコンテンツを表示します。

    $ oc rsh demo-3-2b8gs
    sh-4.2$ ls /opt/app-root/src/uploaded/
    lost+found  ocp_sop.txt
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.