検索

24.2.2. エビクションシグナルについて

download PDF

以下の表にあるシグナルのいずれかに基づいてエビクションの意思決定をトリガーするようノードを設定することができます。しきい値と共に、エビクションシグナルを エビクションのしきい値 に追加します。

シグナルを表示するには、以下を実行します。

curl <certificate details> \
  https://<master>/api/v1/nodes/<node>/proxy/stats/summary
表24.1 サポートされるエビクションシグナル
ノードの状態エビクションシグナル説明

MemoryPressure

memory.available

memory.available = node.status.capacity[memory] - node.stats.memory.workingSet

ノードの利用可能なメモリーがエビクションしきい値を超えている。

DiskPressure

nodefs.available

nodefs.available = node.stats.fs.available

ノードの root ファイルシステムまたはイメージファイルシステムのいずれかで、利用可能なディスク領域がエビクションしきい値を超えている。

nodefs.inodesFree

nodefs.inodesFree = node.stats.fs.inodesFree

imagefs.available

imagefs.available = node.stats.runtime.imagefs.available

imagefs.inodesFree

imagefs.inodesFree = node.stats.runtime.imagefs.inodesFree

上記の表のそれぞれのシグナルは、literal または percentage ベースの値のいずれかをサポートします (inodesFree は除く)。inodesFree シグナルはパーセンテージとして指定する必要があります。パーセンテージベースの値は、各シグナルに関連付けられる合計容量との関連で計算されます。

スクリプトは kubelet が実行する一連の手順を使用し、cgroup から memory.available 値を派生させます。スクリプトは計算から非アクティブなファイルメモリー (つまり、非アクティブな LRU リストのファイルベースのメモリーのバイト数) を計算から除外します。 非アクティブなファイルメモリーはリソースの不足時に回収可能になることが想定されます。

注記

free -m はコンテナーで機能しないため、free -m のようなツールは使用しないでください。

OpenShift Container Platform はこれらのファイルシステムを 10 秒ごとにモニターします。

ボリュームおよびログを専用ファイルシステムに保存する場合、ノードはそのファイルシステムをモニターしません。

注記

ノードは、ディスク不足に基づくエビクションの意思決定をトリガーする機能をサポートします。ディスク不足のために Pod をエビクトする前に、ノードは コンテナーおよびイメージのガべージコレクション も実行します。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.