検索

39.8. 仮想ネットワークのデバッグ

download PDF

39.8.1. 仮想ネットワークのビルドに障害が発生している

仮想ネットワーク (例: OpeStack) を使用して OpenShift Container Platform をインストールしている場合で、ビルドに障害が発生している場合、ターゲットノードホストの最大伝送単位 (MTU: maximum transmission unit) はプライマリーネットワークインターフェイス (例: eth0) の MTU との互換性がない可能性があります。

ビルドが正常に完了するには、データをノードホスト間で渡すために SDN の MTU が eth0 ネットワークの MTU よりも小さくなければなりません。

  1. ip addr コマンドを実行してネットワークの MTU を確認します。

    # ip addr
    ---
    2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
        link/ether fa:16:3e:56:4c:11 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
        inet 172.16.0.0/24 brd 172.16.0.0 scope global dynamic eth0
           valid_lft 168sec preferred_lft 168sec
        inet6 fe80::f816:3eff:fe56:4c11/64 scope link
           valid_lft forever preferred_lft forever
    ---

    上記のネットワークの MTU は 1500 です。

  2. ノード設定の MTU はネットワーク値よりも小さくなければなりません。ターゲットに設定されたノードホストの mtu を確認します。

    # $ oc describe configmaps node-config-infra
    ...
    networkConfig:
       mtu: 1450
       networkPluginName: company/openshift-ovs-subnet
    ...

    上記のノード設定ファイルでは、mtu 値はネットワーク MTU よりも低くなるため、設定は不要になります。mtu 値がこれより高くなる場合はファイルを編集して、値をプライマリーネットワークインターフェイスの MTU よりも少なくとも 50 単位分下げてノードサービスを再起動します。これにより、より大きなパケットのデータをノード間で渡すことが可能になります。

    注記

    クラスターのノードを変更するには、ノード設定マップ を必要に応じて更新します。node-config.yaml ファイルは手動で変更しないようにしてください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.