検索

第16章 スケジューリング

download PDF

16.1. 概要

16.1.1. 概要

Pod のスケジューリングは、クラスター内のノードへの新規 Pod の配置を決定する内部プロセスです。

スケジューラーコードは、新規 Pod の作成時にそれらを確認し、それらをホストするのに最も適したノードを識別します。次に、マスター API を使用して Pod のバインディング (Pod とノードのバインディング) を作成します。

16.1.2. デフォルトスケジューリング

OpenShift Container Platform には、ほとんどのユーザーのニーズに対応するデフォルトスケジューラーが同梱されます。デフォルトスケジューラーは、Pod に最適なノードを判別するための固有のツールおよびカスタマイズ可能なツールの両方を使用します。

デフォルトスケジューラーが Pod の配置と利用できるカスタマイズ可能なパラメーターを判別する方法についての詳細は、デフォルトスケジューリング を参照してください。

16.1.3. 詳細スケジューリング

新規 Pod の配置場所に対する制御を強化する必要がある場合、OpenShift Container Platform の詳細スケジューリング機能を使用すると、Pod が特定ノード上か、または特定の Pod と共に実行されることを要求する (または実行されることが優先される) よう Pod を設定することができます。また詳細設定により、Pod をノードに配置することや他の Pod と共に実行することを防ぐこともできます。

詳細スケジューリングについての詳細は、詳細スケジューリング を参照してください。

16.1.4. カスタムスケジューリング

OpenShift Container Platform では、Pod 仕様を編集してユーザー独自のスケジューラーまたはサードパーティーのスケジューラーを使用することもできます。

詳細は、カスタムスケジューラー を参照してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.