検索

2.12. Docker ストレージの再設定

download PDF

コンテナーイメージをダウンロードし、コンテナーを実行して削除する際、Docker は常にマップされたディスク領域を解放する訳ではありません。結果として、一定の時間が経過するとノード上で領域不足が生じる可能性があり、これにより OpenShift Container Platform で新規 Pod を作成できなくなるか、または Pod の作成に時間がかかる可能性があります。

たとえば、以下は 6 分が経過しても ContainerCreating 状態にある Pod を示しており、イベントログは FailedSync イベント を示しています。

$ oc get pod

出力例

NAME                               READY     STATUS              RESTARTS   AGE
cakephp-mysql-persistent-1-build   0/1       ContainerCreating   0          6m
mysql-1-9767d                      0/1       ContainerCreating   0          2m
mysql-1-deploy                     0/1       ContainerCreating   0          6m

$ oc get events

出力例

LASTSEEN   FIRSTSEEN   COUNT     NAME                               KIND                    SUBOBJECT                     TYPE      REASON                         SOURCE                                                 MESSAGE
6m         6m          1         cakephp-mysql-persistent-1-build   Pod                                                   Normal    Scheduled                      default-scheduler                                      Successfully assigned cakephp-mysql-persistent-1-build to ip-172-31-71-195.us-east-2.compute.internal
2m         5m          4         cakephp-mysql-persistent-1-build   Pod                                                   Warning   FailedSync                     kubelet, ip-172-31-71-195.us-east-2.compute.internal   Error syncing pod
2m         4m          4         cakephp-mysql-persistent-1-build   Pod                                                   Normal    SandboxChanged                 kubelet, ip-172-31-71-195.us-east-2.compute.internal   Pod sandbox changed, it will be killed and re-created.

この問題に対する 1 つの解決法として、Docker ストレージを再設定し、Docker で不要なアーティファクトを削除することができます。

Docker ストレージを再起動するノードで、以下を実行します。

  1. 以下のコマンドを実行して、ノードをスケジュール対象外としてマークします。

    $ oc adm manage-node <node> --schedulable=false
  2. 以下のコマンドを実行して Docker および atomic-openshift-node サービスをシャットダウンします。

    $ systemctl stop docker atomic-openshift-node
  3. 以下のコマンドを実行して、ローカルのボリュームディレクトリーを削除します。

    $ rm -rf /var/lib/origin/openshift.local.volumes

    このコマンドは、ローカルイメージのキャッシュをクリアします。その結果、ose-* イメージを含むイメージが再度プルする必要があります。これにより、イメージストアは回復しますが、Pod の起動時間が遅くなる可能性があります。

  4. /var/lib/docker ディレクトリーを削除します。

    $ rm -rf /var/lib/docker
  5. 以下のコマンドを実行して Docker ストレージをリセットします。

    $ docker-storage-setup --reset
  6. 以下のコマンドを実行して Docker ストレージを再作成します。

    $ docker-storage-setup
  7. /var/lib/docker ディレクトリーを再作成します。

    $ mkdir /var/lib/docker
  8. 以下のコマンドを実行して、Docker および atomic-openshift-node サービスを再起動します。

    $ systemctl start docker atomic-openshift-node
  9. ホストを再起動してノードサービスを再起動します。

    # systemctl restart atomic-openshift-node.service
  10. 以下のコマンドを実行して、ノードをスケジュール対象としてマークします。

    $ oc adm manage-node <node> --schedulable=true
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.