検索

2.8.6. RHBA-2019:0326 - OpenShift Container Platform 3.11.82 バグ修正の更新

download PDF

発行日: 2019-02-20

OpenShift Container Platform リリース 3.11.82 が公開されました。この更新に含まれるパッケージおよびバグ修正は、RHBA-2019:0326 アドバイザリーにまとめられています。この更新に含まれるコンテナーイメージは、RHBA-2019:0327 アドバイザリーで提供されています。

アドバイザリーでは、このリリースすべてのバグ修正および機能拡張に関する説明は除外されています。アップグレードについての注記およびこのリリースに含まれるバグ修正および機能拡張の詳細については、以下のセクションを参照してください。

2.8.6.1. バグ修正

  • すべての Docker 関連のパッケージはアンインストールプロセス時に削除されません。Docker はインストール時に適切に再インストールされないため、Docker CLI タスクは失敗します。今回のバグ修正により、アンインストールするすべての関連 Docker パッケージが追加されました。(BZ#1635254)
  • クォータのポーリングにより、不適切なトースト通知が生成されていました。クォータポーリングエラーは抑制され、ユーザーにはこれらの通知が表示されなくなりました。(BZ#1651090)
  • 以前のバージョンでは、クラスターコンソール設定を変更せずにインストール Playbook を複数回実行すると、クラスターコンソールのログインの機能が停止する可能性がありました。その根本的な問題は解決され、Playbook を複数回実行しても新規コンソールのデプロイメントが適切にロールアウトされるようになりました。この問題は、以下のコマンドを使用してコンソール Pod を手動で削除することによっても回避できます。

    $ oc delete --all pods -n openshift-console

    (BZ#1651632)

  • 特定の証明書有効期限チェック Playbook は初期化機能を適切に呼び出さず、その結果エラーが生じました。これらの Playbook はこの問題を回避するように更新されました。(BZ#1655183)
  • OpenShift SDN/OVS DaemonSet は RollingUpdateupdateStrategy に指定したコントロールプレーンのアップグレード時にアップグレードされ、クラスター全体の Pod のアップグレードが実行されました。これにより、ノードに予期しないネットワークおよびアプリケーションの停止が発生しました。このバグはテンプレートで SDN/OVS Pod の updateStrategyOnDelete に変更し、新規インストールのみがこの影響を受けました。SDN/OVS daemonset を OnDelete updateStrategy を使用するように変更するためのコントロールプレーンのアップグレードタスクが追加されました。また、ノードがドレイン (解放) される間にすべての SDN/OVS Pod を削除するためのノードのアップグレードタスクが追加されました。ノードのネットワークは、ノードがドレイン (解放) される場合のノードのアップグレード時にのみ停止されます。(BZ#1657019)
  • 以前のバージョンでは、3.11 管理コンソールでは、最新ではないアノテーション値をチェックするため、ストレージクラスがデフォルトのストレージクラスであるかどうかを正確に表示しませんでした。管理コンソールは、storageclass.kubernetes.io/is-default-class=true アノテーションを使用するように更新され、サービスクラスはこの値が設定されている場合にデフォルトとして適切にマークされるようになりました。(BZ#1659976)
  • Kubernetes 1.11 に導入された変更が vSphere デプロイメントで数多くの IP を持つノードに影響を与えていました。vSphere では、複数の Egress IPs または Router HA アドレスをホストするノードが IP アドレスを失い、他の IP アドレスの使用を開始し、その結果ネットワークの問題が生じることが散発的に確認されました。node IP がノード設定に指定される場合には、ノードに割り当てられる他の IP アドレスの数にかかわらず、適切に使用されるようになりました。(BZ#1666820)
  • OpenStack コードのタイプエラーにより、フローティング IP アドレスのない OpenShift ノードのインストールが妨げられていました。このエラーは訂正され、インストールが予想通りに実行されるようになりました。(BZ#1667270)
  • 特定の証明書有効期チェック Playbook は初期化機能を適切に呼び出さず、その結果エラーが生じました。これらの Playbook はこの問題を回避するように更新されています。(BZ#1667618)
  • クラスターロール system:image-pruner がレジストリーに対するすべての DELETE 要求に必要でした。そのため、通常のクラスターはそのアップロードを取り消すことができず、S3 multipart アップロードが蓄積されました。クラスターロール system:image-pruner は書き込み権限のあるクライアントからのアップロードの DELETE 要求を受け入れるようになりました。(BZ#1668412)
  • 指定されたルーター証明書、キー、または CA が改行文字で終了しない場合、ルーターのデプロイは失敗しました。改行はそれぞれの入力ファイルに追加され、この問題は発生しなくなりました。(BZ#1668970)
  • volume-config.yaml は /etc/origin/node にコピーされませんでした。そのため、ボリュームクォータは監視されず、ローカルストレージサイズは制限されませんでした。今回のリリースでは、volume-config.yaml/etc/origin/node にコピーされるようになりました。openshift_node_local_quota_per_fsgroup をインベントリーに設定することにより、ボリュームクォータは監視され、ローカルストレージサイズが制限されるようになりました。(BZ#1669555)
  • oc イメージミラーは、Red Hat レジストリーからイメージのミラーリングを試行する際に tag: unexpected end of JSON input のエラーを出して失敗しました。これは依存関係からのコミットが製品ビルドからドロップされたために生じました。このコミットは再び導入され、コマンドは Red Hat レジストリーからのミラーリングに加えて、出力を正常に解析できるようになりました。(BZ#1670551)
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.