検索

2.3. 新機能および改良された機能

download PDF

今回のリリースでは、以下のコンポーネントおよび概念に関連する拡張機能が追加されました。

2.3.1. オペレーター

2.3.1.1. Operator Lifecycle Manager (OLM) (テクノロジープレビュー)

この機能は現在 テクノロジープレビュー として提供されており、実稼働環境のワークロードには適していません。

OLM は、クラスター管理者がクラスターで実行される Operator のインストール、アップグレード、および Operator へのアクセスの付与を実行するのに役立ちます。

  • キュレートされたオペレーターカタログと、他のオペレーターをクラスターに読み込む機能があります。
  • すべてのオペレーターの新規バージョンへのローリング更新を処理します。
  • 特定のチームが特定のオペレーターを使用できるようにロールベースのアクセス制御 (RBAC) をサポートします。

詳細は、Installing the Operator Framework を参照してください。

2.3.1.2. Operator SDK

Operator SDK は、生成されるコードと CLI を使ってオペレータービルドをすぐに開始できる開発ツールであり、オペレーターのビルド、テストおよび公開に役立ちます。以下は、Operator SDK の特長です。

  • アプリケーションのビジネスロジックをオペレーターに埋み、すぐに使用を開始できるようにする各種ツールを提供します。
  • Kubernetes API と通信するために Scaffolding (スキャフォールディング) をセットアップする作業が不要になります。
  • ローカルまたはリモートクラスターにおけるロジックのエンドツーエンドのテストに役立ちます。
  • Couchbase、MongoDB、Redis などで使用されます。

詳細の説明については、OKD ドキュメントの Getting started with the Operator SDK を参照してください。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.