検索

16.5.3. ノードセレクターの使用による Pod 配置の制約

download PDF

ノードセレクター を使用して、Pod が特定のラベルを持つノードにのみ配置されるようにすることができます。クラスター管理者は、Pod ノード制約の受付コントローラーを使用して、pods/binding パーミッションのないユーザーがノードセレクターを使用して Pod をスケジュールできないようにするポリシーを設定できます。

マスター設定ファイルの nodeSelectorLabelBlacklist フィールドを使用して、一部のロールが Pod 設定の nodeSelector フィールドで指定できるラベルを制御できます。pods/binding パーミッション ロール を持つユーザー、サービスアカウントおよびグループは任意のノードセレクターを指定できます。pods/binding パーミッションがない場合は、nodeSelectorLabelBlacklist に表示されるすべてのラベルに nodeSelector を設定することは禁止されます。

たとえば、OpenShift Container Platform クラスターは、2 つの地域にまたがる 5 つのデータセンターで設定される場合があります。米国の us-eastus-central、および us-west、およびアジア太平洋 (APAC) の apac-east および apac-west です。それぞれの地理的地域の各ノードには、それらに応じたラベルが付けられます。たとえば、region: us-east のようになります。

注記

ラベルの割り当ての詳細は、ノードでのラベルの更新 を参照してください。

クラスター管理者は、アプリケーション開発者が地理的に最も近い場所にあるノードにのみ Pod をデプロイできるインフラストラクチャーを作成できます。ノードセレクターを作成し、米国のデータセンターを superregion: us に、APAC のデータセンターを superregion: apac に分類できます。

データセンターごとのリソースの均等なロードを維持するには、必要な region をマスター設定の nodeSelectorLabelBlacklist セクションに追加できます。その後は、米国の開発者が Pod を作成するたびに、Pod は superregion: us ラベルの付いた地域のいずれかにあるノードにデプロイされます。開発者が Pod に特定の region (地域) をターゲットに設定しようとすると (例: region: us-east)、エラーが出されます。これを Pod にノードセレクターを設定せずに試行すると、ターゲットとした region (地域) にデプロイすることができます。 それは superregion: us がプロジェクトレベルのノードセレクターとして設定されており、region: us-east というラベルが付けられたノードには superregion: us というラベルも付けられているためです。

  1. 必要なラベル (詳細は、ノードでのラベルの更新 を参照) および ノードセレクター が環境にセットアップされていることを確認します。

    たとえば、Pod 設定が必要なラベルを示す nodeSelector 値を持つことを確認します。

    apiVersion: v1
    kind: Pod
    spec:
      nodeSelector:
        <key>: <value>
    ...
  2. マスター設定ファイル /etc/origin/master/master-config.yaml を変更し、nodeSelectorLabelBlacklist を、Pod の配置を拒否する必要のあるノードホストに割り当てられるラベルと共に admissionConfig セクションに追加します。

    ...
    admissionConfig:
      pluginConfig:
        PodNodeConstraints:
          configuration:
            apiversion: v1
            kind: PodNodeConstraintsConfig
            nodeSelectorLabelBlacklist:
              - kubernetes.io/hostname
              - <label>
    ...
  3. 変更を有効にするために OpenShift Container Platform を再起動します。

    # master-restart api
    # master-restart controllers
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.