検索

7.5. Pod の Disruption Budget (停止状態の予算) の設定

download PDF

Pod の Disruption Budget (停止状態の予算) は、 Kubernetes API の一部であり、他の オブジェクトタイプ のように oc コマンドで管理できます。この設定により、メンテナーンスのためのノードのドレイン (解放) などの操作時に Pod への安全面の各種の制約を指定できます。

PodDisruptionBudget は、同時に起動している必要のあるレプリカの最小数またはパーセンテージを指定する API オブジェクトです。これらをプロジェクトに設定することは、ノードのメンテナーンス (クラスターのスケールダウンまたはクラスターのアップグレードなどの実行) 時に役立ち、この設定は (ノードの障害時ではなく) 自発的なエビクションの場合にのみ許可されます。

PodDisruptionBudget オブジェクトの設定は、以下の主要な部分で設定されています。

  • 一連の Pod に対するラベルのクエリー機能であるラベルセレクター。
  • 同期に利用可能にする必要のある Pod の最小数を指定する可用性レベル。

以下は、PodDisruptionBudget リソースのサンプルです。

apiVersion: policy/v1beta1 1
kind: PodDisruptionBudget
metadata:
  name: my-pdb
spec:
  selector:  2
    matchLabels:
      foo: bar
  minAvailable: 2  3
1
PodDisruptionBudgetpolicy/v1beta1 API グループの一部です。
2
一連のリソースに対するラベルのクエリー。matchLabelsmatchExpressions の結果は論理的に結合されます。
3
同時に利用可能である必要のある Pod の最小数。これには、整数またはパーセンテージ (例: 20%) を指定する文字列を使用できます。

上記のオブジェクト定義で YAML ファイルを作成した場合、これを以下のようにプロジェクトに追加することができます。

$ oc create -f </path/to/file> -n <project_name>

以下を実行して、Pod の Disruption Budget をすべてのプロジェクトで確認することができます。

$ oc get poddisruptionbudget --all-namespaces

NAMESPACE         NAME          MIN-AVAILABLE   SELECTOR
another-project   another-pdb   4               bar=foo
test-project      my-pdb        2               foo=bar

PodDisruptionBudget は、最低でも minAvailable Pod がシステムで実行されている場合は正常であるとみなされます。この制限を超えるすべての Pod は エビクション の対象となります。

注記

Pod の優先順位およびプリエンプション の設定に基づいて、優先順位の低い Pod は Pod の Disruption Budget (停止状態の予算) の要件を無視して削除される可能性があります。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.