検索

16.2.6. 利用可能な優先度

download PDF

優先度は、設定に応じて残りのノードにランクを付けるルールです。

優先度のカスタムセットは、スケジューラーを設定するために指定できます。OpenShift Container Platform ではデフォルトでいくつかの優先度があります。他の優先度は、特定のパラメーターを指定してカスタマイズできます。優先順位に影響を与えるために、複数の優先度を組み合わせ、異なる重みをそれぞれのノードに指定することができます。

16.2.6.1. 静的優先度

静的優先度は、重みを除き、ユーザーからいずれの設定パラメーターも取りません。重みは指定する必要があり、0 または負の値にすることはできません。

これらはスケジューラー設定 /etc/origin/master/scheduler.json (デフォルト) に指定されます。

16.2.6.1.1. デフォルトの優先度

デフォルトのスケジューラーポリシーには、以下の優先度が含まれています。それぞれの優先度関数は、重み 10000 を持つ NodePreferAvoidPodsPriority 以外は重み 1 を持ちます。

SelectorSpreadPriority は、Pod に一致するサービス、レプリケーションコントローラー (RC)、レプリケーションセット (RS)、およびステートフルなセットを検索し、次にそれらのセレクターに一致する既存の Pod を検索します。スケジューラーは、一致する既存の Pod が少ないノードを優先します。次に、Pod のスケジュール時に、それらのセレクターに一致する Pod 数の最も少ないノードで Pod をスケジュールします。

{"name" : "SelectorSpreadPriority", "weight" : 1}

InterPodAffinityPriority は、ノードの対応する PodAffinityTerm が満たされている場合に weightedPodAffinityTerm 要素を使った繰り返し処理や 重み の合計への追加によって合計を計算します。合計値の最も高いノードが最も優先されます。

{"name" : "InterPodAffinityPriority", "weight" : 1}

LeastRequestedPriority は要求されたリソースの少ないノードを優先します。これは、ノードでスケジュールされる Pod によって要求されるメモリーおよび CPU のパーセンテージを計算し、利用可能な/残りの容量の値の最も高いノードを優先します。

{"name" : "LeastRequestedPriority", "weight" : 1}

BalancedResourceAllocation は、均衡が図られたリソース使用率に基づいてノードを優先します。これは、容量の一部として消費済み CPU とメモリー間の差異を計算し、2 つのメトリクスがどの程度相互に近似しているかに基づいてノードの優先度を決定します。これは常に LeastRequestedPriority と併用する必要があります。

{"name" : "BalancedResourceAllocation", "weight" : 1}

NodePreferAvoidPodsPriority は、レプリケーションコントローラー以外のコントローラーによって所有される Pod を無視します。

{"name" : "NodePreferAvoidPodsPriority", "weight" : 10000}

NodeAffinityPriority は、ノードアフィニティーのスケジューリング設定に応じてノードの優先順位を決定します。

{"name" : "NodeAffinityPriority", "weight" : 1}

TaintTolerationPriority は、Pod についての 容認不可能な テイント数の少ないノードを優先します。容認不可能なテイントとはキー PreferNoSchedule のあるテイントのことです。

{"name" : "TaintTolerationPriority", "weight" : 1}
16.2.6.1.2. 他の静的優先度

OpenShift Container Platform は以下の優先度もサポートしています。

EqualPriority は、優先度の設定が指定されていない場合に、すべてのノードに等しい重み 1 を指定します。この優先順位はテスト環境にのみ使用することを推奨します。

{"name" : "EqualPriority", "weight" : 1}

MostRequestedPriority は、要求されたリソースの最も多いノードを優先します。これは、ノードでスケジュールされる Pod で要求されるメモリーおよび CPU のパーセンテージを計算し、容量に対して要求される部分の平均の最大値に基づいて優先度を決定します。

{"name" : "MostRequestedPriority", "weight" : 1}

ImageLocalityPriority は、Pod コンテナーのイメージをすでに要求しているノードを優先します。

{"name" : "ImageLocalityPriority", "weight" : 1}

ServiceSpreadingPriority は、同じマシンに置かれる同じサービスに属する Pod 数を最小限にすることにより Pod を分散します。

{"name" : "ServiceSpreadingPriority", "weight" : 1}
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.