検索

3.6. ホストの登録

download PDF

インストールパッケージにアクセスするには、各ホストを Red Hat Subscription Manager (RHSM) に登録し、アクティブな OpenShift Container Platform サブスクリプションを割り当てる必要があります。

  1. 各ホストで RHSM に登録します。

    # subscription-manager register --username=<user_name> --password=<password>
  2. RHSM から最新のサブスクリプションデータをプルします。

    # subscription-manager refresh
  3. 利用可能なサブスクリプションを一覧表示します。

    # subscription-manager list --available --matches '*OpenShift*'
  4. 直前のコマンドの出力で、OpenShift Container Platform サブスクリプションのプール ID を見つけ、これをアタッチします。

    # subscription-manager attach --pool=<pool_id>
  5. yum リポジトリーをすべて無効にします。

    1. 有効にされている RHSM リポジトリーをすべて無効にします。

      # subscription-manager repos --disable="*"
    2. 残りの yum リポジトリーを一覧表示し、repo id にあるそれらの名前をメモします (ある場合) 。

      # yum repolist
    3. yum-config-manager を使用して、残りの yum リポジトリーを無効にします。

      # yum-config-manager --disable <repo_id>

      または、すべてのリポジトリーを無効にします。

       yum-config-manager --disable \*

      利用可能なリポジトリーが多い場合には、数分の時間がかかることがあります。

  6. OpenShift Container Platform 3.11 で必要なリポジトリーのみを有効にします。

    • x86_64 サーバーでのクラウドインストールおよびオンプレミスインストールの場合は、以下のコマンドを実行します。

      # subscription-manager repos \
          --enable="rhel-7-server-rpms" \
          --enable="rhel-7-server-extras-rpms" \
          --enable="rhel-7-server-ose-3.11-rpms" \
          --enable="rhel-7-server-ansible-2.9-rpms"
    • IBM POWER8 サーバーでのオンプレミスインストールの場合は、以下のコマンドを実行します。

      # subscription-manager repos \
          --enable="rhel-7-for-power-le-rpms" \
          --enable="rhel-7-for-power-le-extras-rpms" \
          --enable="rhel-7-for-power-le-optional-rpms" \
          --enable="rhel-7-server-ansible-2.9-for-power-le-rpms" \
          --enable="rhel-7-server-for-power-le-rhscl-rpms" \
          --enable="rhel-7-for-power-le-ose-3.11-rpms"
    • IBM POWER9 サーバーでのオンプレミスインストールの場合は、以下のコマンドを実行します。

      # subscription-manager repos \
          --enable="rhel-7-for-power-9-rpms" \
          --enable="rhel-7-for-power-9-extras-rpms" \
          --enable="rhel-7-for-power-9-optional-rpms" \
          --enable="rhel-7-server-ansible-2.9-for-power-9-rpms" \
          --enable="rhel-7-server-for-power-9-rhscl-rpms" \
          --enable="rhel-7-for-power-9-ose-3.11-rpms"
    注記

    以前のバージョンの OpenShift Container Platform 3.11 は Ansible 2.6 のみをサポートしていました。最新バージョンの Playbook が Ansible 2.9 に対応するようになりました。Ansible 2.9 は、使用する推奨バージョンです。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.