検索

23.2. 要求および制限

download PDF

各コンピュートリソースについて、コンテナーはリソース要求および制限を指定できます。スケジューリングの決定は要求に基づいて行われ、ノードに要求される値を満たす十分な容量があることが確認されます。コンテナーが制限を指定するものの、要求を省略する場合、要求はデフォルトで制限値に設定されます。コンテナーは、ノードの指定される制限を超えることはできません。

制限の実施方法は、コンピュートリソースのタイプによって異なります。コンテナーが要求または制限を指定しない場合、コンテナーはリソース保証のない状態でノードにスケジュールされます。実際に、コンテナーはローカルの最も低い優先順位で利用できる指定リソースを消費できます。リソースが不足する状態では、リソース要求を指定しないコンテナーに最低レベルの QoS (Quality of Service) が設定されます。

23.2.1. Buffer Chunk Limit の調整

Fluentd ロガーが多数のログを処理できない場合、メモリーの使用量を減らし、データ損失を防ぐためにファイルバッファーリングに切り換える必要があります。

Fluentd buffer_chunk_limit は、デフォルト値が 8m の環境変数 BUFFER_SIZE_LIMIT によって決定されます。出力ごとのファイルのバッファーサイズは、デフォルト値が 256Mi の環境変数 FILE_BUFFER_LIMIT によって決定されます。永続的なボリュームサイズは、FILE_BUFFER_LIMIT に出力を乗算した結果よりも大きくなければなりません。

Fluentd および Mux Pod では、永続ボリューム /var/lib/fluentd は PVC または hostmount などによって作成される必要があります。その領域はファイルバッファーに使用されます。

buffer_type および buffer_path は、以下のように Fluentd 設定ファイルで設定されます。

$ egrep "buffer_type|buffer_path" *.conf
output-es-config.conf:
  buffer_type file
  buffer_path `/var/lib/fluentd/buffer-output-es-config`
output-es-ops-config.conf:
  buffer_type file
  buffer_path `/var/lib/fluentd/buffer-output-es-ops-config`
filter-pre-mux-client.conf:
  buffer_type file
  buffer_path `/var/lib/fluentd/buffer-mux-client`

Fluentd buffer_queue_limit は変数 BUFFER_QUEUE_LIMIT の値です。この値はデフォルトで 32 になります。

環境変数 BUFFER_QUEUE_LIMIT(FILE_BUFFER_LIMIT / (number_of_outputs * BUFFER_SIZE_LIMIT)) として計算されます。

BUFFER_QUEUE_LIMIT 変数にデフォルトの値のセットが含まれる場合、以下のようになります。

  • FILE_BUFFER_LIMIT = 256Mi
  • number_of_outputs = 1
  • BUFFER_SIZE_LIMIT = 8Mi

buffer_queue_limit の値は 32 になります。buffer_queue_limit を変更するには、FILE_BUFFER_LIMIT の値を変更する必要があります。

この数式では、number_of_outputs は、すべてのログが単一リソースに送信され、追加のリソースごとに 1 つずつ増分する場合に 1 になります。たとえば、number_of_outputs の値は以下のようになります。

  • 1 - すべてのログが単一の ElasticSearch Pod に送信される場合
  • 2 - アプリケーションログが ElasticSearch Pod に送信され、運用ログが別の ElasticSearch Pod に送信される場合
  • 4 - アプリケーションログが ElasticSearch Pod に送信され、運用ログが別の ElasticSearch Pod に送信される場合で、それらがどちらも他の Fluentd インスタンスに転送される場合
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.