検索

39.6. ノード間通信のデバッグ

download PDF

機能していないエンドポイントの一覧を使用して、ノードに対する接続をテストする必要があります。

  1. すべてのノードに予想される IP アドレスがあることを確認します。

    # oc get hostsubnet
    NAME                   HOST                   HOST IP           SUBNET
    rh71-os1.example.com   rh71-os1.example.com   192.168.122.46    10.1.1.0/24
    rh71-os2.example.com   rh71-os2.example.com   192.168.122.18    10.1.2.0/24
    rh71-os3.example.com   rh71-os3.example.com   192.168.122.202   10.1.0.0/24

    DHCP を使用している場合はそれらが変更されている可能性があります。ホスト名、IP アドレス、およびサブネットが予想される内容に一致していることを確認します。ノードの詳細が変更されている場合は、oc edit hostsubnet を使用してエントリーを訂正します。

  2. ノードアドレスおよびホスト名が正しいことを確認した後に、エンドポイント IP およびノード IP を一覧表示します。

    # oc get pods --selector=docker-registry \
        --template='{{range .items}}HostIP: {{.status.hostIP}}   PodIP: {{.status.podIP}}{{end}}{{"\n"}}'
    
    HostIP: 192.168.122.202   PodIP: 10.128.0.4
  3. 以前にメモしたエンドポイント IP アドレスを見つけ、これを PodIP エントリーで検索し、対応する HostIP アドレスを見つけます。次に、HostIP からのアドレスを使用してノードホストレベルで接続をテストします。

    • ping -c 3 <IP_address>: 応答がないことは、中間ルーターが ICMP トラフィックを消費している可能性があることを意味しています。
    • tracepath <IP_address>: ICMP パケットがすべてのホップによって返される場合、ターゲットにつながる IP ルートを表示します。

      tracepathping の両方が失敗する場合、ローカルまたは仮想ネットワークの接続の問題を探します。

  4. ローカルネットワークの場合は、以下を確認します。

    • 追加設定なしの状態のパケットのターゲットアドレスへのルートを確認します。

      # ip route get 192.168.122.202
        192.168.122.202 dev ens3  src 192.168.122.46
          cache

      上記の例では、ソースアドレスが 192.168.122.46ens3 という名前のインターフェイスから、ターゲットに直接つながります。これが予想される結果である場合は ip a show dev ens3 を使用してインターフェイスの詳細を取得し、このインターフェイスが予想されるインターフェイスであることを確認します。

      または、結果が以下になる可能性もあります。

      # ip route get 192.168.122.202
        1.2.3.4 via 192.168.122.1 dev ens3  src 192.168.122.46

      これは、正しくルーティングされるために via 値をパススルーします。トラフィックが正しくルーティングされていることを確認します。ルートトラフィックのデバッグについては、本書では扱われません。

ノード間ネットワークの他のデバッグオプションについては、以下を確認して解決できます。

  • 両端にイーサネットリンクはありますか ?ethtool <network_interface> の出力で、Link detected: yes を検索します。
  • デュプレックス設定とイーサネット速度は、両端で正しく設定されていますか ?残りの ethtool <network_interface> 情報を確認します。
  • ケーブルは適切にプラグインされていますか ?正しいポートにプラグインされていますか ?
  • スイッチは適切に設定されていますか ?

ノード間設定が適切であることを確認した後は、両サイドで SDN 設定を確認する必要があります。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.