検索

29.2. IP フェイルオーバーの設定

download PDF

oc adm ipfailover コマンドを適切な オプション と共に使用し、ipfailover デプロイメント設定を作成します。

重要

現時点で、ipfailover はクラウドインフラストラクチャーと互換性がありません。AWS の場合、AWS コンソールの使用 により、Elastic Load Balancer (ELB) を使用して OpenShift Container Platform の高可用性を維持することができます。

管理者は、クラスター全体に ipfailover を設定することも、ラベルセレクターの定義に基づいてノードのサブセットに ipfailover を設定することもできます。また、複数の IP フェイルオーバーのデプロイメント設定をクラスター内に設定することもでき、それぞれの設定をクラスター内で相互に切り離すことができます。oc adm ipfailover コマンドは ipfailover デプロイメント設定を作成し、これによりフェイルオーバー Pod が使用される制約またはラベルに一致する各ノードで実行されるようにします。この Pod は、すべての Keepalived デーモン間で VRRP (Virtual Router Redundancy Protocol) を使用する Keepalived を実行し、監視されるポートでサービスが利用可能であることを確認し、利用可能でない場合は Keepalived が仮想 IP (VIP) を自動的に浮動させます。

実稼働環境で使用する場合には、2 つ以上のノードで --selector=<label> を使用してノードを選択するようにします。また、指定のラベルが付けられたセレクターのノード数に一致する --replicas=<n> 値を設定します。

oc adm ipfailover コマンドには、Keepalived を制御する環境変数を設定するコマンドラインオプションが含まれます。環境変数 は、OPENSHIFT_HA_* で開始され、必要に応じて変更できます。

たとえば、以下のコマンドは router=us-west-ha のラベルが付けられたノードのセレクションに対して IP フェイルオーバー設定を作成します (7 仮想 IP を持つ 4 ノードで、ルータープロセスなどのポート 80 でリッスンするサービスをモニターリング)。

$ oc adm ipfailover --selector="router=us-west-ha" \
    --virtual-ips="1.2.3.4,10.1.1.100-104,5.6.7.8" \
    --watch-port=80 --replicas=4 --create

29.2.1. 仮想 IP アドレス

Keepalived は一連の仮想 IP アドレス (VIP) を管理します。管理者はこれらすべてのアドレスについて以下の点を確認する必要があります。

  • 仮想 IP アドレスは設定されたホストでクラスター外からアクセスできる。
  • 仮想 IP アドレスはクラスター内でこれ以外の目的で使用されていない。

各ノードの Keepalived は、必要とされるサービスが実行中であるかどうかを判別します。実行中の場合、VIP がサポートされ、Keepalived はネゴシエーションに参加してそのノードが VIP を提供するかを決定します。これに参加するノードについては、このサービスが VIP の監視 ポートでリッスンしている、またはチェックが無効にされている必要があります。

注記

セット内の各 VIP は最終的に別のノードによって提供される可能性があります。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.