検索

2.8.5. RHBA-2019:0096: OpenShift Container Platform 3.11.69 バグ修正および機能拡張の更新

download PDF

発行日: 2019-01-31

OpenShift Container Platform リリース 3.11.69 が公開されました。この更新に含まれるパッケージおよびバグ修正は、RHBA-2019:0096 アドバイザリーにまとめられています。この更新に含まれるコンテナーイメージは、RHBA-2019:0097 アドバイザリーで提供されています。

アドバイザリーでは、このリリースすべてのバグ修正および機能拡張に関する説明は除外されています。アップグレードについての注記およびこのリリースに含まれるバグ修正および機能拡張の詳細については、以下のセクションを参照してください。

2.8.5.1. バグ修正

  • マスタープロキシー API の場所が変更されました。MetricsApiProxy 診断はこのエンドポイントを使用するために、障害が生じていました。この診断は、正しいエンポイントを参照するように更新され、予想通りに機能するようになりました。(BZ#1632983)
  • Pod は空きポートがないとスケジュールを実行しませんでした。この問題は解決されています。(BZ#1647674)
  • ブートストラップ v3.3.5 には、クロスサイトスクリプティング (XSS) の脆弱性が含まれます。管理コンソールは、ユーザー入力が data-target 属性を使用して表示されることを許可しません。ブートストラップを脆弱性を修正している v3.4.0 にアップグレードします。今回のバグ修正により、管理コンソールはブートストラップ v3.3.5 のクロスサイトスクリプティング (XSS) の脆弱性にさらされるリスクがなくなりました。(BZ#1656438)
  • テンプレートのインスタンス化のプロセスで、エラーの不適切なチェックによりオブジェクト作成のエラーが無視されました。テンプレートインスタンスは、テンプレートの一部のオブジェクトの作成が失敗してもインスタンスが正常に実行されたことを報告していました。作成時のエラーは適切にチェックされ、テンプレートインスタンスは、そのオブジェクトが作成されない場合に失敗を報告するようになりました。(BZ#1662339)
  • rsync パッケージはレジストリーイメージから削除されたため、rsync はレジストリーコンテナーからのコンテンツのバックアップに使用できませんでした。rsync パッケージは再びイメージに追加され、使用できるようになりました。(BZ#1664853)
Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.