検索

39.5. サービスのデバッグ

download PDF

クラスター内からサービスと通信できない場合 (サービスが直接通信できないか、またはルーターを使用していてクラスターに入るまですべてが正常に機能している場合)、サービスに関連付けられているエンドポイントを判別し、それらをデバッグする必要があります。

最初にサービスを取得します。

# oc get services --all-namespaces
NAMESPACE   NAME              LABELS                                    SELECTOR                  IP(S)            PORT(S)
default     docker-registry   docker-registry=default                   docker-registry=default   172.30.243.225   5000/TCP
default     kubernetes        component=apiserver,provider=kubernetes   <none>                    172.30.0.1       443/TCP
default     router            router=router                             router=router             172.30.213.8     80/TCP

サービスが一覧に表示されます。表示されない場合は、サービス を定義する必要があります。

サービス出力に一覧表示される IP アドレスは Kubernetes サービス IP アドレスであり、これは Kubernetes がサービスをサポートする Pod のいずれかにマップするものです。このの IP アドレスと通信できるはずですが、通信できたとしても、すべての Pod にアクセスできる訳ではありません。また、通信できない場合もすべての Pod がアクセスできない訳ではありません。これは kubeproxy が接続している 1 つ の IP アドレスのステータスのみを示しています。

サービスをテストします。ノードのいずれかより以下を実行します。

curl -kv http://172.30.243.225:5000/bar                  # Replace the argument with your service IP address and port

次にサービスをサポートしている Pod を見つけます (docker-registry を破損したサービスの名前に置き換えます)。

# oc get endpoints --selector=docker-registry
NAME              ENDPOINTS
docker-registry   10.128.2.2:5000

ここではエンドポイントは 1 つだけであることを確認できます。そのため、サービステストが成功し、ルーターテストに成功した場合には、極めて稀なことが生じている可能性があります。ただし、複数のエンドポイントがあるか、またはサービステストが失敗した場合には、エンドポイントごとに以下を試行します。機能していないエンドポイントを特定できたら、次のセクションに進みます。

最初に、それぞれのエンドポイントをテストします (適切なエンドポイント IP、ポートおよびパスを持つように URL を変更します)。

curl -kv http://10.128.2.2:5000/bar

これが機能する場合は、次のエンドポイントをテストします。失敗した場合はその情報をメモしておきます。次のセクションでその原因を判別します。

すべてが失敗した場合は、ローカルノードが機能していない可能があります。その場合は、「ローカルネットワークのデバッグ」 セクションに移動してください。

すべてが機能する場合は、「Kubernetes のデバッグ」 セクションに移動して、サービス IP アドレスが機能しない理由を判別します。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.