検索

17.11. リソース消費における明示的なクォータの要求

download PDF

リソースがクォータで管理されていない場合、ユーザーには消費できるリソース量の制限がありません。たとえば、gold ストレージクラスに関連するストレージのクォータがない場合、プロジェクトが作成できる gold ストレージの容量はバインドされません。

高コストのコンピュートまたはストレージリソースの場合、管理者はリソースを消費するための明示的なクォータの付与が必要となるようにする場合があります。たとえば、プロジェクトに gold ストレージクラスに関連するストレージのクォータが明示的に付与されていない場合、そのプロジェクトのユーザーはこのタイプのストレージを作成することができません。

特定リソースの消費における明示的なクォータが必要となるようにするには、以下のスタンザを master-config.yaml に追加する必要があります。

admissionConfig:
  pluginConfig:
    ResourceQuota:
      configuration:
        apiVersion: resourcequota.admission.k8s.io/v1alpha1
        kind: Configuration
        limitedResources:
        - resource: persistentvolumeclaims 1
        matchContains:
        - gold.storageclass.storage.k8s.io/requests.storage 2
1
デフォルトで消費が制限されるグループ/リソースです。
2
デフォルトで制限対象となる、グループ/リソースに関連付けられたクォータで追跡されるリソースの名前です。

上記の例では、クォータシステムは PersistentVolumeClaim を作成するか、または更新するすべての操作をインターセプトします。これは、クォータで認識されるリソースが消費されることを確認し、プロジェクトのそれらのリソースのクォータがない場合に要求は拒否されます。この例ではユーザーが gold ストレージクラスに関連付けられたストレージを使用する PersistentVolumeClaim を作成しており、プロジェクトに一致するクォータがない場合には要求が拒否されます。

Red Hat logoGithubRedditYoutubeTwitter

詳細情報

試用、購入および販売

コミュニティー

Red Hat ドキュメントについて

Red Hat をお使いのお客様が、信頼できるコンテンツが含まれている製品やサービスを活用することで、イノベーションを行い、目標を達成できるようにします。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。このような変更は、段階的に実施される予定です。詳細情報: Red Hat ブログ.

会社概要

Red Hat は、企業がコアとなるデータセンターからネットワークエッジに至るまで、各種プラットフォームや環境全体で作業を簡素化できるように、強化されたソリューションを提供しています。

© 2024 Red Hat, Inc.